モンテクリスト伯、嶋田久作が木島義国!政治家で神楽と繋がりが?

   

ドラマ「モンテクリスト伯」に嶋田久作さんが出演します。
嶋田久作さんが演じる役は木島義国役です。

 

木島義国(嶋田久作)は政治家。
そして神楽清(新井浩文)と関係のある人物のようです。

 

スポンサーリンク

 

モンテクリスト伯、木島義国役は嶋田久作

ドラマ「モンテクリスト伯」に嶋田久作さんが出演します。
嶋田久作さんが演じるのは政治家の役となります。

 

ドラ男
嶋田久作さん政治家似合うね!

 

政治家、木島義国役はある人物と関わりがあります。
これも柴門暖(ディーンフジオカ)は知って、復讐に利用するのでしょうか。

 

嶋田久作

嶋田久作さんは神奈川県出身の俳優さんです。
ザズウに所属されています。

 

  • 「おんな城主 直虎」大沢基胤役
  • 「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(第6話)警視総監 乾陽一役
  • 「半分、青い。」田辺一郎役
  • 「モンテクリスト伯」木島義国役

 

いわゆる遅咲きの俳優と言われている嶋田久作さん。
それもそのはずで大学を卒業し、多くの職業に就いてきたのでした。

 

  • プログラマー
  • キーボード(バンド)
  • レジ打ち
  • 庭師

 

嶋田久作さんはこれらを経て29歳で俳優となったのでした。
まさに遅咲き俳優。

 

短期間で異色俳優となったのでした。
嶋田久作さんの人気は根強いものがあります。

 

今後の嶋田久作さんの出演作品が楽しみですね。

 

スポンサーリンク

 

木島義国役

木島義国(嶋田久作)は政治家です。
神楽清(新井浩文)がつながりを持っている人物です。

 

神楽清(新井浩文)は国有地の取引を有利に運ぼうとしていました。
しかし簡単には行きません。

 

木島義国(嶋田久作)は他の建設業者も動いているというのです。

 

ドラ美
ディーン様かな?笑

 

土地開発プロジェクトの地鎮祭に出席し、神楽清(新井浩文)と会話をする木島義国(嶋田久作)。
木島義国(嶋田久作)は柴門暖(ディーンフジオカ)の復讐と関係があるのでしょうか。

 

モンテクリスト伯4話あらすじ

ドラマ「モンテクリスト伯」第4話のあらすじです。
2018年5月10日放送分となります。

 

モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)は、復讐のターゲットとなる者たちとの面通しを済ませる。
これは、ターゲットたちの大切なものを全て壊すことが目的である真海の序章に過ぎない。

とある土地開発プロジェクトの地鎮祭に、神楽清(新井浩文)が留美(稲森いずみ)とともに出席。
政治家の木島義国(嶋田久作)とつながりを持つ神楽は次の国有地の取引を有利に運ぼうとしている。
木島は神楽に国有地取引に他の建設業者も動いていると神楽に釘を刺した。
神楽は留美を残して先に会場を出る。

そこに真海が現れた。入間公平(高橋克典)から真海には近づくなと言われていた留美は驚く。
真海は神楽にテナントの相談に来たと言う。
そして、店を出すのは自らのアパレルブランドを立ち上げようとしている安堂完治(葉山奨之)だと、連れてきた青年を留美に紹介。
そして、安堂の相談を聞いて欲しいと真海は留美を別荘でのランチに誘った。
帰り道、素直で明るい安堂を気に入った様子の留美は、神楽に頼んでテナントなどの件は力になりたいと告げる。

一方、入間は娘の未蘭(岸井ゆきの)の結婚式の日取りを決めた。
戸惑う未蘭は貞吉(伊武雅刀)に相談したいと言う。
入間は未蘭、妻の瑛理奈(山口紗弥加)と貞吉の部屋へ。
貞吉は会話もままならず、介護が必要な状態になっていた。
まだ結婚には早いと言って欲しいと頼む未蘭に貞吉は…。
言葉を話せない貞吉をバカにするかのように、入間は結婚準備を進め始める。

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「モンテクリスト伯」に嶋田久作さんが出演します。
政治家の木島義国役を演じます。

 

木島義国(嶋田久作)とつながりのある人物が神楽清(新井浩文)。
柴門暖(ディーンフジオカ)の復讐には関係しているのでしょうか。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年4月期, モンテ・クリスト伯