モンテクリスト伯なぜばれない?わからない?覚えてないは違和感!

   

ドラマ「モンテクリスト伯」をご視聴の皆さん、どこか違和感を感じませんか。
それは柴門暖(ディーンフジオカ)の存在です。

 

投獄された柴門暖(ディーンフジオカ)。
その後、多くの人物と接触しますが、誰一人として柴門暖(ディーンフジオカ)のことがわからないのです。

 

  • なぜばれない
  • なぜわからない
  • 覚えてない

 

多くの疑問と違和感があるのは真実。
こんなことはあり得るのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

モンテクリスト伯なぜばれない?覚えてない?

ドラマ「モンテクリスト伯」を見ていて正直違和感を覚えます。
それは柴門暖(ディーンフジオカ)のこと。

 

柴門暖(ディーンフジオカ)は仲間に裏切られ投獄されます。
その後、日本に帰国し投資家として生まれ変わりました。

 

名前はモンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)。
柴門暖=モンテ・クリスト・真海となっているのです。

 

名前を変えていたとしても顔は変えていない柴門暖(ディーンフジオカ)。
視聴者目線からいうと、ばれないのには違和感を覚えます。

 

守尾信一朗に関しては、幼い頃に柴門暖(ディーンフジオカ)と遊んでいました。
そのためわからないのには納得です。

モンテクリスト伯、守尾信一朗は高杉真宙!守尾漁業社長の青年!

 

わからないのか、覚えていないのか。
どちらにせよ、幼かった守尾信一朗(高杉真宙)に関しては違和感なしです。

 

しかし覚えてないとすると違和感を覚える人物はこちら。

 

  • 南条幸男(大倉忠義)
  • 神楽清(新井浩文)
  • 入間公平(高橋克典)
  • 目黒すみれ(山本美月)
  • 寺角類(渋川清彦)

 

一度は結婚した目黒すみれ(山本美月)なんて、覚えてないのは卑怯者のようにも感じます。

 

また柴門暖(ディーンフジオカ)を投獄した3人の人物も覚えてないのはおかしいですよね。
1人の人生を大きく変えているのですから、一生忘れることのできない出来事だと思います。

 

わからないという事は実際にあるのでしょうか。
整形をしているわけでもないので面影などはありますよね。

 

面影どころか、そもそも本人なのですから。
私には同一人物にしか見えませんよ笑。

 

スポンサーリンク

 

なぜわからないのでしょう。
なぜばれないのでしょう。

 

たしかに二度と会う事のない人物が目の前に現れたとしても、わからないかもしれません。
例えば亡くなった人物などです。

 

柴門暖(ディーンフジオカ)は投獄されました。
二度と出てこないと思っていたのでしょう。

 

それが裏切りの結論。
中途半端な裏切りではなく、心の底からの裏切りでした。

 

そこまでした相手を覚えてない、わからないというのはやはり違和感です。

 

しかし二度と会わないと思っていたらどうでしょう。
もう亡くなったと思っていたらどうでしょう。

 

わからないというのはもしかしたらリアルなのかもしれません。
疑うくらいはしてもいいとは思いますけれどね。

 

もちろんこれはドラマ。
わからない、ばれない、という設定が視聴者を楽しませるからですよね。

 

覚えてないということはないでしょう。
しかしばれない、わからないというのは成立しているのです。

 

最終的に柴門暖(ディーンフジオカ)は正体をばらすと思います。
その時にもハッとおもしろくなる要素ですよね。

 

  • 覚えてない
  • わからない
  • ばれない

 

そんな設定で、よりドラマ「モンテクリスト伯」を盛り上げているのでしょうね。

 

まとめ

ドラマ「モンテクリスト伯」を見ていると違和感満載です。

 

柴門暖(ディーンフジオカ)の正体がばれないのがおかしいと思いませんか?
私以外にも違和感を覚えている人は多いでしょう。

 

なぜわからないのでしょうか。
なぜばれないのでしょうか。

 

そんな疑問と違和感。
みなさんの考えをぜひコメント欄で教えて下さいね。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年4月期, モンテ・クリスト伯