いつまでも白い羽根、友香は子役の住田萌乃!8歳入院中の女の子!

   

ドラマ「いつまでも白い羽根」も、いよいよ最終回に向けて終盤となってきました。
そんな中、1人の子役ちゃんが出演しています。

 

それが住田萌乃ちゃん。
友香役を演じています。

 

スポンサーリンク

 

いつまでも白い羽根、友香役は子役の住田萌乃

ドラマ「いつまでも白い羽根」に子役ちゃんが出演しています。
かわいい女の子、友香役を演じているのは住田萌乃ちゃんでした。

 

小児病棟で入院している8歳の女の子。
木崎瑠美(新川優愛)とどう接していくのか、ぜひご注目下さい。

 

住田萌乃

住田萌乃ちゃんは兵庫県出身の子役ちゃんです。
ジョビィキッズプロダクションに所属しています。

 

  • 「Woman」青柳小春(幼少期)役
  • 「明日、ママがいない」(第1話)藤谷月姫役
  • 「マッサン」亀山エマ役
  • 「視覚探偵 日暮旅人」百代灯衣役
  • 「いつまでも白い羽根」友香役

 

2008年生まれの住田萌乃ちゃんは元気いっぱいの女の子。
これからどんな女優へ成長していくのか楽しみです。

 

友香役

友香(住田萌乃)は小児病棟に入院している8歳の女の子です。

 

ドラ男
住田萌乃ちゃん10歳だから、演技で8歳を演じるんだね!

 

  • 容態は安定しない
  • 治療が進まない

 

友香(住田萌乃)は気がかりな事も多いのです。
そんな友香(住田萌乃)を担当しているのは木崎瑠美(新川優愛)。

 

2人はとっても仲良し。
すっかり木崎瑠美(新川優愛)は友香(住田萌乃)に懐かれていました。

 

しかし木崎瑠美(新川優愛)は子供と仲良くすることが目的ではないと指導されてしまいます。
保育士とは違うと、きつく言われるのでした。

 

スポンサーリンク

 

いつまでも白い羽根7話あらすじ

ドラマ「いつまでも白い羽根」第7話のあらすじをご紹介します。
2018年5月19日放送分となります。

 

小児病棟実習中の瑠美(新川優愛)は、8歳の友香(住田萌乃)を担当する。
友香にすっかりなつかれるものの、「子供と仲良くすることが目的ではない」と指導される。
容態が安定せず治療が進まないことも気がかりで、瑠美は自分にできることは何かと懸命に考える。

千夏(伊藤沙莉)は重病を抱える10か月の赤ちゃんを担当。
半年もの間、必死で看病を続けている両親の負担を少しでも減らそうと、休日も返上して病室に足を運ぶ千夏だったが、また無理しすぎているのではないかと父・健司(柳沢慎吾)を心配させる。

そんな中、学校長・番匠(加藤雅也)が、10年前の医療事故の一件で突然退職することになる。
すべては遠野(さとうほなみ)の復讐だったのだ。
失意のまま学校を去る番匠の姿を見つめ、遠野の心はまた揺れる…。

瑠美は、瞬也(瀬戸利樹)に「あなたを友達としてしか好きになれない」と本心を告げる。
それでも構わないと言う瞬也だったが、瑠美は瞬也からの想いをいいように利用してしまう自分が嫌だった。
「私が、そんな自分が嫌いなの」瑠美の気持ちを聞き、瞬也は潔く瑠美のもとを去っていった。

千夏は赤ちゃんの容態に気になることがあったが、指導看護師になかなかそのことを伝える時間がない。
そんなある日、予期せぬ事態が起こる――。

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「いつまでも白い羽根」に子役の住田萌乃ちゃんが出演します。
友香役で小児病棟に入院している8歳の女の子を演じるのです。

 

友香(住田萌乃)と木崎瑠美(新川優愛)は仲良し。
しかし友香(住田萌乃)は容態が安定せず治療が進みません。

 

ドラマ「いつまでも白い羽根」も、いよいよ終盤。
最終回に向けて、どんな展開があるのでしょうか。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年4月期, いつまでも白い羽根