正義のセ小峰宏尚は子役の佐藤令旺かわいい!7話被害者、園児虐待?

   

ドラマ「正義のセ」第7話に子役くんが出演します。
その子役くんは佐藤令旺くん。

 

子役の佐藤令旺くんがドラマ「正義のセ」第7話の被害者です。
小峰宏尚役、ご注目ください。

 

スポンサーリンク

 

正義のセ小峰宏尚役は子役の佐藤令旺

ドラマ「正義のセ」第7話に子役の佐藤令旺くんが出演します。
まだ幼い、とってもかわいい男の子です。

 

佐藤令旺くんが演じるのは小峰宏尚役。
ドラマ「正義のセ」第7話での被害者となります。

 

佐藤令旺

佐藤令旺くんはジョビィキッズに所属している子役くん。
2012年生まれのまだまだ幼い男の子です。

 

元気いっぱいな様子が見受けられそうですね。

 

  • 「突然ですが、明日結婚します」高梨奏(幼少期)役
  • 「ブラックリベンジ」石山悠斗役
  • 「正義のセ」(第7話)小峰宏尚役

 

ドラマ「正義のセ」では目立つ役となりそうですね。
7話だけのゲストとなりますが、佐藤令旺くんに注目が集まりそうです。

 

小峰宏尚役

小峰宏尚(佐藤令旺)は保育園の園児。
大ケガをしてしまいます。

 

園庭の遊具から落下した事故のようです。

 

小峰宏尚(佐藤令旺)の父親は小峰雄一(近藤公園)。
保育園の説明には納得できず、被害届を出すことにしました。

 

ということで、ドラマ「正義のセ」第7話の被害者が小峰宏尚(佐藤令旺)となったのです。

 

普段から保育園では小さなケガが多かったという小峰宏尚(佐藤令旺)。
虐待の可能性があるのかもしれません。

 

保育園の園長、瀬川弥生(朝加真由美)は謝罪。
しかし保育園側の過失は否定するのでした。

 

小峰宏尚(佐藤令旺)は被害者のため、聞き取りが行われます。

 

  • 過失
  • 傷害致死

 

果たして小峰宏尚(佐藤令旺)の大ケガの真相は、どんな事実が隠されているのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

正義のセ7話あらすじ

ドラマ「正義のセ」第7話のあらすじです。
2018年5月23日放送分となります。

 

ある保育園で、保育士が目を離したすきに園児が大ケガを負った。
園庭の遊具から落下した事故と思われたが、園児の父・小峰雄一(近藤公園)は園側の説明に納得がいかず、被害届を提出。
凜々子(吉高由里子)がこの事件を担当することになり、バツイチ子持ちの相原(安田顕)は、「保育園の監督不行き届きの可能性がありますね!」といつになく熱くなる。
そんな相原の様子を不思議に思う凜々子。

ケガをした園児・宏尚(佐藤令旺)は回復したが、事故当時の事を話そうとせず、小峰の「普段から小さなケガが多かった」という証言から、虐待の可能性も出てくる。

「もし虐待があったとしたら許せません」と相原は、いっそうこの案件にのめり込むのだった。
凜々子と相原は保育園に行き園長・瀬川弥生(朝加真由美)から話を聞くと、「不慮の事故だった」と謝罪しながらも、保育園の過失を否定する。
保育園の言い分にも理があると考え、凜々子は悩むのだった–。

そんな中、相原が凜々子の忘れ物を届けに竹原家を訪れる。
浩市(生瀬勝久)たちに歓迎され竹村家の明るい家族団欒の雰囲気に触れた相原は、会えない娘への思いを語るのだった。
そして、ちょうどその時、元妻から連絡があり娘と会う約束をし、浮かれる相原だったが・・・。

翌日、凜々子は宏尚の聞き取りを始めると、意外な事実が明らかになる!
単なる事故か?それとも保育園側の過失による傷害致傷か?
そして、相原と娘の関係は?

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「正義のセ」第7話にかわいい子役くんが出演します。
それが子役の佐藤令旺くん。

 

保育園の園児、小峰宏尚を演じます。
第7話の被害者として大けがを負うのです。

 

後々明らかになる意外な事実とは、一体なんなのでしょうか。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年4月期, 正義のセ