モンテクリスト伯に山村紅葉?財務大臣の夫人で殺人事件発生の予感!

   

ドラマ「モンテクリスト伯」に山村紅葉さんが出演します。
第6話へのゲストです。

 

山村紅葉さんが出演するとどうしても殺人事件が発生するのではないかと思ってしまいます。
ドラマ「モンテクリスト伯」では財務大臣の夫人役として出演となります。

 

スポンサーリンク

 

モンテクリスト伯で山村紅葉が財務大臣の夫人役

ドラマ「モンテクリスト伯」に山村紅葉さんが出演します。
最近はサスペンスドラマでなくともゲスト出演することが多くなりましたね。

 

山村紅葉さんが今回演じる役は、財務大臣の夫人役。
ドラマ「モンテクリスト伯」にどう関係してくる人物なのでしょうか。

 

山村紅葉

山村紅葉さんは女優さん。
京都府出身で山村美紗さんの娘さんとなります。

 

そのためサスペンスドラマへの出演が多いのです。
2時間ドラマの裏女王とまで言われている山村紅葉さん。

 

サスペンスドラマで山村紅葉さんの姿を見ない作品は、なかなかないですね。

 

しかしここ最近では、サスペンスではないドラマ作品にも出演が増えています。
ドラマ「モンテクリスト伯」もその中の1つです。

 

  • 「東京タラレバ娘」占い師役
  • 「あいの結婚相談所」澤峰あかり役
  • 「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」五十嵐翠子役
  • 「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」(第6話)奥平こずえ役
  • 「ブラックペアン」(第1話)皆川妙子役
  • 「モンテクリスト伯」(第6話)財務大臣の夫人役

 

山村紅葉さんの演技が好きな方は多いと思います。
サスペンスのイメージが強い山村紅葉さんは、ドラマ「モンテクリスト伯」でどんな演技を見せてくれるのでしょうか。

 

そして山村紅葉さんが出演ということで、どうしても殺人事件に発展するのではないかとまで予想できます。
どんなストーリー展開に絡んでくるのでしょうか。

 

財務大臣の夫人役

山村紅葉さんが演じるのは財務大臣の夫人役です。
この財務大臣が、ある意味キーとなる人物。

 

五蓉不動産が国有地落札のために関係を築いているのが財務大臣。
その夫人役を演じるのが山村紅葉さんとなります。

 

 

五蓉不動産は南条幸男(大倉忠義)と南条すみれ(山本美月)をCMに起用しました。
それも重なり不利となっているのが神楽清(新井浩文)。

 

  • 神楽清(新井浩文)
  • 南条幸男(大倉忠義)

 

この2人の関係を断つこともモンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の復讐の1つ。

 

財務大臣の夫人(山村紅葉)も1人のキーパーソンとなりそうです。

 

スポンサーリンク

 

モンテクリスト伯6話あらすじ

ドラマ「モンテクリスト伯」第6話のあらすじをご紹介します。
2018年5月24日放送分となります。

 

モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の復讐は、ついに死者を出すまでに至った。
その犠牲は入間 公平(高橋 克典)家族の崩壊を意味している。
真海が放つ復讐の火種は南条幸男(大倉忠義)と 神楽清(新井浩文)の関係も絶ち、大炎上を招こうとしていた。

香港のタブロイド紙が十数年前に失踪した有名俳優、ショーン・リー家族が裏組織ヴァンパに殺害されたという新証言を掲載。
記事は真海が裏で手を回したものだが、幸男の弱点を探る神楽も食いつく。
ショーン家族失踪当時の付き人が幸男だったからだ。
もちろん幸男、そしてヴァンパも…。

バーで1人飲んでいた幸男は“あの時”を思い起こす。
ヴァンパに多額の借金をしていた幸男はショーン家族の留守宅に組織を招き入る。
宝飾品などを盗み出すことで借金をチャラにしようとしたのだ。
だが、そこにショーンたちが帰宅。組織のメンバーは、夫婦を殴り倒す。

幸男が気づくと両隣に男が座っていた。
ヴァンパの男たち。裏切り者を始末しに来たのだが、幸男は自宅に脅し文句が書かれたファックスが送られたことを男たちに話す。
すると最近、香港で過去の幸男のことを嗅ぎ回る人間がいたと教えられる。
神楽の秘書、牛山直紀(久保田悠来)だ。
男たちは牛山の動きを止めるよう幸男に命令する。

だが、事件の真相を知っている人間は幸男とヴァンパのメンバーだけではなかった。
それは、両親を目の前で殺害されたショーンの娘で…。

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「モンテクリスト伯」に山村紅葉さんの出演が決まりました。
第6話のゲストとなります。

 

山村紅葉さんが演じる役は財務大臣の夫人役。
復讐とどんな関係を持つ人物なのか楽しみですね。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年4月期, モンテ・クリスト伯