チアダンあらすじ!ドラマは映画と何が違う?オリジナル青春物語!

   

ドラマ「チアダン」のあらすじをご紹介します。
「チアダン」というと映画を思い浮かべる人が多いでしょう。

 

  • ドラマ
  • 映画

 

この2つの違いについても見ていきます。
ぜひドラマ「チアダン」のあらすじを読んで、本編をお楽しみください。

 

スポンサーリンク

 

チアダンあらすじ

ドラマ「チアダン」のあらすじをご紹介します。
また、今日はあらすじだけではなく、映画「チアダン」とドラマ「チアダン」の違いも見ていきましょう。

 

ドラマ「チアダン」は映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」の数年後が舞台

 

映画ではJETSの物語でしたが、ドラマ「チアダン」は別の高校の生徒たちが中心で描かれます。

 

  • 打倒JETS
  • 全米制覇

 

これを目指す夢物語なのです。

 

ドラマ「チアダン」の主人公は藤谷わかば(土屋太鳳)。
藤谷わかば(土屋太鳳)は幼い頃、強豪チアリーダー部JETSが初の全米優勝を果たした演技を見て憧れていました。

 

もちろんJETSに入って全米優勝したいというを抱きます。
しかし受験に失敗し、夢は遠のいてしまうのです。

 

  • 無理
  • 出来るわけない

 

そんな思考にもなってしまい、勉強も運動も中途半端な学校に進学。
チアダンス部もない学校で、弱小チアリーダー部に入り運動部を応援するだけの高校生活を過ごしていたのです。

 

ある日、転校生の桐生汐里(石井杏奈)から、チアダンスをやろうと誘われます。
そんな言葉に、藤谷わかば(土屋太鳳)はチアダンスにかける思いが再び燃え上がるのでした。

 

  • ありえない夢
  • できっこない夢

 

その夢を必死に追いかける青春物語がドラマ「チアダン」なのです。
しかしこれだけがドラマ「チアダン」ではありません。

 

チアダンスに燃え上がる女子高校生の物語だけではないのがドラマ「チアダン」。
もう1人の人物がキーとなり立ち直る物語でもあります。

 

スポンサーリンク

 

それはチアダンス部の顧問となった漆戸太郎(オダギリジョー)。
女子高校生たちと同時に、もう1つの軸となるのが、漆戸太郎(オダギリジョー)の成長なのです。

 

漆戸太郎(オダギリジョー)はあることが原因で挫折をしていました。
いわゆるダメ教師。

 

若者が挫折をし、立ち直るのはある程度ありますよね。
しかし中年教師が立ち直る物語は、割と珍しいのではないでしょうか。

 

ドラマ「チアダン」は2つの軸で進むことが分かりますね。

 

  • チアダンス部
  • ダメ教師

 

チアダンスに対してひたむきな姿が描かれるもの。
そして再生と成長をする教師。

 

お互いが高め合う存在となっていくのでしょう。

 

ドラマ「チアダン」のあらすじを見ていきました。
2つの軸があることがわかりました。

 

さらに、映画版とは全く違う事が分かりますよね。

 

関連性はあるものの、ドラマ「チアダン」は全く別の物語。
オリジナルストーリーで放送されます。

 

まとめ

ドラマ「チアダン」のあらすじをご紹介しました。

 

  • 映画
  • ドラマ

 

この2つの違いについても、調べました。

 

ドラマ「チアダン」はチアダンス部と中年教師の2つを軸として物語が進みます。

 

ぜひお楽しみください。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年7月期, チア☆ダン