ブラックペアン相武紗季が山本祥子!カエサルの治験にちょうどいい?

   

ドラマ「ブラックペアン」第7話に相武紗季さんが出演します。
出産され、女優復帰作となります。

 

相武紗季さんが演じるのは山本祥子役。
治験に利用されようとしているようです。

 

スポンサーリンク

 

ブラックペアン相武紗季は山本祥子役

ドラマ「ブラックペアン」第7話で相武紗季さんの姿を見ることができます。
久しぶりに表舞台に登場ということもあり、楽しみですね。

 

相武紗季さんというと、産休に入られていましたよね。
女優復帰作となるのが、ドラマ「ブラックペアン」第7話なのです。

 

演じるのは山本祥子役で、入院患者役となります。

 

相武紗季

相武紗季さんは、兵庫県出身の女優さんです。
ボックスコーポレーションに所属しています。

 

2016年に一般男性とご結婚された相武紗季さん。
さらに妊娠、出産と続き、女優のお仕事をお休みされていました。

 

2017年に出産を報告されたものの、相武紗季さんの姿をなかなか見ることはできませんでした。
そしてドラマ「ブラックペアン」7話で女優復帰となります。

 

ゲスト出演ということもあり、まだまだお仕事はセーブされているようですが、久しぶりに相武紗季さんの演技が見られるという事で期待が高まりますね。

 

  • 「マッサン」」田中優子役
  • 「僕のヤバイ妻」北里杏南役
  • 「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」新田雪野役
  • 「ブラックペアン」(第7話)山本祥子役

 

ご結婚をされ、出産を経験された相武紗季は、女性としても母親としても幸せになられていますよね。
ぜひご無理をされない程度にお仕事を続けていってほしいと思います。

 

山本祥子役

山本祥子(相武紗季)は東城大の患者です。
富沢雅之(福澤朗)が、カサエルの治験にぴったりだと治験を持ち掛けてきます。

 

国産ダーウィン=カエサル

 

富沢雅之(福澤朗)はカサエルを推進する厚労省の人間。
なぜ、山本祥子(相武紗季)の情報を知っているのでしょうか。

ブラックペアン福澤朗富沢雅之!厚生労働省医務技監ダーウィン支援!

 

カサエルを使った絶対に成功をする手術を行うため、手術の何度が低い症例として山本祥子(相武紗季)が選ばれたのでした。

 

治験のために山本祥子(相武紗季)を訪ねた木下香織(加藤綾子)。
しかしお互いの顔を見て絶句することになります。

ブラックペアン加藤綾子は木下香織!治験コーディネーターとは何?

 

実は山本祥子(相武紗季)は木下香織(加藤綾子)の過去に関係する人物だったのです。

 

山本祥子(相武紗季)は隣の市の病院に勤務する現役の看護師主任。
木下香織(加藤綾子)も元看護士で、共に働いていた時期がありました。

 

  • 看護師を辞めた理由
  • 治験コーディネーターになった理由

 

木下香織(加藤綾子)の過去が山本祥子(相武紗季)によって明かされるのがドラマ「ブラックペアン」7話。
ぜひご期待ください。

 

スポンサーリンク

 

ブラックペアン7話あらすじ

ドラマ「ブラックペアン」第7話のあらすじをご紹介します。
2018年6月3日放送分となります。

 

帝華大に引き抜かれ、東城大を去った渡海(二宮和也)。
西崎教授(市川猿之助)の狙いはなんなのか?高階(小泉孝太郎)も訝る。

一方、国産ダーウィン=カエサルを推進する厚労省の富沢(福澤朗)は、東城大に一人の患者の治験を持ちかける。
カエサルの治験にぴったりの症例だというその患者・山本祥子(相武紗季)の情報をどうして富沢が知ったのか?
東城大の患者のリストを誰かが持ち出したのだ・・・
佐伯教授(内野聖陽)は、富沢の後ろに西崎教授の影を感じる。
東城大は祥子を治験者にするため、担当医を黒崎(橋本さとし)にし、木下香織(加藤綾子)から祥子に治験についての説明をすることに。
ところが・・・。

出典:公式HP

 

 

まとめ

ドラマ「ブラックペアン」7話に相武紗季さんが出演します。
出産後の女優復帰作となります。

 

演じるのは山本祥子役。
治験を勧められるという人物です。

 

また、木下香織(加藤綾子)の過去にも関係してくる人物。
ドラマ「ブラックペアン」の謎がまた1つ解けそうですね。

 

母親となった相武紗季さんの演技にもご注目下さい。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年4月期, ブラックペアン