グッドドクターあらすじ!2018に合う現代ストーリーにリメイク!

   

ドラマ「グッドドクター」が2018年にリメイクされて放送されることになりました。
フジテレビでの放送です。

 

過去にも「グッドドクター」は放送されていました。
しかし今回はそのリメイク版。

 

どんなあらすじで放送されるのでしょうか。
現代に、2018年にピッタリのあらすじとなるようです。

 

スポンサーリンク

 

グッドドクターあらすじ

ドラマ「グッドドクター」が2018年にフジテレビで放送されることになりました。
一体、どんなあらすじで放送されるのでしょうか。

 

ドラマ「グッドドクター」は主演を務める山崎賢人さんにとって2つの初めてがある作品。

 

  • フジテレビ系ドラマ初主演
  • 初医師役

 

こういうこともあり、話題性たっぷりのドラマ「グッドドクター」になりそうですね。

 

ドラマ「グッドドクター」の主人公は新堂湊。
山崎賢人さんが演じます。

 

  • 全ての子どもを大人にしたい
  • ただ子どもを救いたいだけ

 

この気持ちだけを持ち、純粋に新堂湊(山崎賢人)は生きているのです。

 

ドラマ「グッドドクター」のあらすじを知るには、まずは舞台からご紹介しましょう。
小児外科医の世界を舞台にドラマ「グッドドクター」は繰り広げられます。

 

小児外科医って日本にどのくらいいるかご存知ですか?
なんと日本にたった0.3%しかいないんです。

 

そこを中心に、繰り広げられる医療ドラマ。
メディカルヒューマンドラマと、公式HPでも表記がありますね。

 

主人公の新堂湊(山崎賢人)は驚異的な記憶力を持つ人物。
しかしコミュニケーション能力に障害があるのです。

 

いわゆるサヴァン症候群でした。

 

スポンサーリンク

 

幼い頃から新堂湊(山崎賢人)は小児外科医になることが夢でした。
ある日、研修医として小児外科の世界に飛び込みます。

 

  • 偏見
  • 反発

 

周りからはいろんな目で見られてしまいます。

 

しかし新堂湊(山崎賢人)は子供たちの命のために戦います。
心に寄り添い、子どもと共に成長していくのです。

 

しかし新堂湊(山崎賢人)はあまりにも純粋すぎました。
ただ子どもを救いたいだけの新堂湊(山崎賢人)はトラブルを起こしてしまいます。

 

  • 病院の慣例
  • 病院の都合

 

子供のように純粋な新堂湊(山崎賢人)にこれらは必要ないのでした。

 

しかし衝突してしまう新堂湊(山崎賢人)。
そんな時の新堂湊(山崎賢人)や周囲の言動は、命題となるのです。

 

  • 本当に良い医者とは
  • 人としてどう生きるべきか

 

こんな命題を視聴者に投げかけてくれるのがドラマ「グッドドクター」。
あらすじを読んだだけでも、胸がほっこり温かくなりますね。

 

権力や金争いだけが医療ドラマのすべてではありません。
医療ドラマの温かい本質のようなものを、ドラマ「グッドドクター」では見せてくれることでしょう。

 

ドラマ「グッドドクター」は原作があります。
韓国で放送され、アメリカでも連ドラ化された「グッドドクター」。

 

今回、2018年7月からフジテレビで放送される「グッドドクター」は、日本の小児外科の現状に合わせて描かれていきます。

 

小児医療にまつわる問題点は多くあるのです。
そこにスポットを当てることで、最前線で戦う小児外科医の姿が描かれます。

 

まとめ

2018年7月からフジテレビで放送されるドラマ「グッドドクター」。
今日はあらすじをご紹介しました。

 

  • 韓国
  • アメリカ

 

グッド「グッドドクター」は世界で放送されてきた作品ですが、日本版は日本仕様にリメイク。
まさに2018年の現状を描く作品となります。

 

あらすじを読めば、きっとあなたもドラマ「グッドドクター」が楽しみになるはず。
是非ご期待ください。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年7月期, グッドドクター