義母と娘のブルース子役!娘役みゆき横溝菜帆かわいい!演技力抜群!

      2018/08/12

ドラマ「義母と娘のブルース」に子役ちゃんが登場します。
かなりキャストが気になっている人もいることでしょう。

 

宮本みゆき役とは、いわゆる宮本良一(竹野内豊)の娘役なのですが、子役ちゃんが務めます。
子役の横溝菜帆ちゃんが娘役みゆきを演じます。

 

スポンサーリンク

 

義母と娘のブルース、娘役の子役は横溝菜帆

ドラマ「義母と娘のブルース」に登場する宮本みゆき役。
宮本良一(竹野内豊)の娘役です。

 

今回、宮本良一(竹野内豊)の娘役、宮本みゆき役はオーディションを勝ち抜いて、1人の子役ちゃんに決定。
子役の横溝菜帆ちゃんについてご紹介します。

 

横溝菜帆

横溝菜帆ちゃんは神奈川県出身の子役ちゃん。
テアトルアカデミーに所属し、子役としてお仕事をされています。

 

よこみぞ なほ ちゃんと読みます。

 

趣味や特技はフランダンス。
横溝菜帆ちゃんが踊る姿は、とってもかわいいでしょうね。

 

  • 「精霊の守り人 シーズン1」バルサ(幼少期)役
  • 「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」入江千花役
  • 「兄に愛されすぎて困ってます」橘せとか(幼少期)役
  • 「今からあなたを脅迫します」(第6話)北条愛梨役
  • 「義母と娘のブルース」宮本みゆき役

 

映画「兄に愛されすぎて困ってます」で橘せとかの幼少期役を演じたことで、多くの方に注目されましたよね。

 

もちろんそれまでも演技派子役として、横溝菜帆ちゃんは知られていました。
それだけ横溝菜帆ちゃんは映画やドラマ、さらにCMなどでも大活躍中なのです。

 

2008年生まれでまだまだ小さな女の子。
子役として、今後も多くの作品で見ることができるでしょう。

 

今後も応援していきたい子役ちゃんの1人です。

 

スポンサーリンク

 

宮本みゆき役

宮本みゆき(横溝菜帆)は宮本良一(竹野内豊)のとなります。

 

宮本良一(竹野内豊)の娘、宮本みゆき(横溝菜帆)は8歳。
小学生です。

 

この度、高校生時代の宮本みゆき役が発表されました。
上白石萌歌さんがキャストとなりました。

義母と娘のブルース上白石萌歌みゆき高校生に成長!かわいい娘役!

 

宮本みゆき(横溝菜帆)は父親の宮本良一(竹野内豊)がバリバリのキャリアウーマン岩木亜希子(綾瀬はるか)にプロポーズしたことで、新しい母親ができるのです。

 

まさに義母。
義母である岩木亜希子(綾瀬はるか)と、娘、宮本みゆき(横溝菜帆)のブルースという意味でタイトルを捉えてよさそうです。

 

  • 喜び
  • 悲しみ

 

そんな小さな奇跡が繰り返される家族の10年間の物語が放送されます。

 

娘役となる宮本みゆき役のオーディションは6度に渡ってオーディションが開催されました。
277人の中から娘役に選ばれたのが子役の横溝菜帆ちゃんとなります。

 

小学生時代の宮本みゆき(横溝菜帆)にもぜひご注目ください。

 

まとめ

ドラマ「義母と娘のブルース」に登場する子役ちゃんを紹介しました。
子役の横溝菜帆ちゃんが宮本みゆき役を演じます。

 

宮本みゆきは宮本良一(竹野内豊)の娘役。
10年間が描かれるということなので、冒頭で子役の横溝菜帆ちゃんが活躍しそうですね。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年7月期, 義母と娘のブルース