義母と娘のブルースのキャスト!宮本家に関わる人物は誰だ?波乱も?

      2018/08/17

ドラマ「義母と娘のブルース」のキャストをご紹介します。
2018年7月に放送されるドラマで1番ほっこりする作品になるかもしれません。

 

中心となるのは宮本一家。
その宮本家に関わる人物たちは、どんなキャストが決定しているのでしょうか。

 

どこよりも詳しく、ドラマ「義母と娘のブルース」のキャストをご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

義母と娘のブルースのキャスト

ドラマ「義母と娘のブルース」のキャストをご紹介します。
宮本一家のストーリーが中心となって放送される作品です。

 

ということは、必然的にキャストは宮本家に関わる人物たち。
一体どんな豪華キャストが決定しているのでしょうか。

 

岩木亜希子役/綾瀬はるか

岩木亜希子(綾瀬はるか)は業界トップシェアの金属会社で働くバリバリのキャリアウーマン
誰よりも真面目です。

 

その真面目さゆえ、土掘り土下座という宴会芸まで編み出してしまうツワモノ。
普通の話し言葉でもビジネス用語を多用するのでした。

 

四六時中、仕事のことばかり考えており、趣味や人生を楽しむことなど知らないような仕事の虫という人物です。

 

岩木亜希子役のキャストは綾瀬はるかさんに決定しています。
ドラマ「義母と娘のブルース」でいう義母という役柄になるのでした。

 

宮本良一役/竹野内豊

宮本良一(竹野内豊)は老舗の金属会社に勤めています。
8歳の娘、宮本みゆき(横溝菜帆)の父親です。

 

朗らかな性格。
日々、小さな奇跡を見つける目利きです。

 

そのため周囲を和ませることについては天下一品。

 

みやもっちゃんの愛称で親しまれているのでした。
職場では、年齢性別を問わず社員に大人気。

 

小さなことは気にせず、鈍感とも言える人物です。
包容力が大きいともいえるでしょう。

 

ある想いから、ライバル会社のやり手部長である岩木亜希子(綾瀬はるか)にプロポーズすることになります。

 

宮本良一のキャストは竹野内豊さんが務めます。

 

麦田章役/佐藤健

麦田章(佐藤健)は目標が定まらず、軸足が固まらない青年。
いわゆるダメ男です。

 

ドラマ「義母と娘のブルース」の台風の目的な存在となります。

 

  • 波乱
  • 奇跡

 

これを宮本一家に呼び起こす存在です。
しかし、麦田章(佐藤健)の根底にはある想いがあったのでした。

 

そんなキーマン、麦田章役のキャストは佐藤健さんが務めます。
佐藤健さんというと現在朝ドラ「半分、青い。」でも活躍中。

 

TBS連続ドラマには3年ぶりの出演となります。

 

宮本みゆき役/横溝菜帆

宮本みゆき(横溝菜帆)は宮本良一(竹野内豊)の娘です。
8歳で現在小学校3年生となります。

 

勉強は苦手。
のんびり屋さんで朗らかな女の子です。

 

母親の死に大きな影響を受けてしまい、それ以降は内弁慶になってしまいます。

 

宮本良一(竹野内豊)の前では明るく振舞っています。
しかし、学校では内側に引きこもってしまい、以前を知っている黒田大樹(大智)から、からかわれています。

 

277人の中からオーディションで選ばれた横溝菜帆ちゃんがキャストに選ばれました。

義母と娘のブルース子役!娘役みゆき横溝菜帆かわいい!演技力抜群!

 

幼少期を横溝菜帆ちゃん。
成長した後の高校生時代を上白石萌歌さんがキャストとなりバトンタッチが行われます。

 

宮本みゆき役/上白石萌歌

宮本みゆき(上白石萌歌)は宮本良一(竹野内豊)の娘です。

 

幼少期は横溝菜帆ちゃんがキャストに選ばれています。
上白石萌歌さんは宮本みゆき役の高校生時代のキャストとなります。

 

また、ドラマ「義母と娘のブルース」はナレーションが入ります。
そのナレーションも上白石萌歌さんが担当します。

 

友井智善役/川村陽介

友井智善(川村陽介)は麦田章(佐藤健)の友人です。

 

いたるところで、麦田章(佐藤健)に偶然出会う人物となります。
そのたびに職業を変えている麦田章(佐藤健)に呆れていますが、同時に心配もしています。

 

麦田章(佐藤健)の突拍子もない言い間違いにも冷静に突っ込めるほどの仲良し。
友井智善(川村陽介)は現在映像関係の会社でADをしています。

 

友井智善役のキャストは川村陽介さんです。

義母と娘のブルース川村陽介が友井智善!偶然何回ある?麦田の友人!

 

西条乙女役/橋本真実

西条乙女(橋本真実)は学童保育の職員です。
宮本みゆき(横溝菜帆)が通っています。

義母と娘のブルース橋本真実は西条乙女!学童保育の職員みゆき心配!

 

母親を亡くしてしまった宮本みゆき(横溝菜帆)をいつも心配してくれています。
子どもたちにとっては優しいお姉さんです。

 

子どもたちのためになら親を怒ることもできる人物。
しっかり者で芯の強い女性です。

 

西条乙女役のキャストは橋本真実さんが務めます。

 

スポンサーリンク

 

猪本寧々役/真凛

猪本寧々(真凛)は桜金属工業営業部に所属しています。
宮本良一(竹野内豊)の部下にあたります。

義母と娘のブルース真凛いのもっちゃん猪本寧々!既婚者で相談にも!

 

社員からは、いのもっちゃんと呼ばれています。
営業部の中でも、明るい女性です。

 

猪本寧々(真凛)は結婚もしています。
そのため宮本良一(竹野内豊)の悩み相談にもよくのっている人物です。

 

猪本寧々役は真凛さんがキャストとなりました。

 

 

前原大輔役/村本大輔

前原大輔(村本大輔)は光友金属営業部所属で岩木亜希子(綾瀬はるか)の部下です。
後輩である田口朝正(浅利陽介)とは違い、エリートサラリーマンの風貌です。

 

後輩のいかなるミスも許しません。
執拗に詰め寄る人物となります。

 

前原大輔役のキャストはウーマンラッシュアワーの村本大輔さんが務めます。

義母と娘のブルース村本大輔(ウーマンラッシュアワー)前原大輔!

 

宮本愛役/奥山佳恵

宮本愛(奥山佳恵)は宮本良一(竹野内豊)の亡き妻となります。
宮本良一(竹野内豊)とは深夜のラーメン店で出会い、結婚しました。

 

  • ひまわりの様な笑顔
  • 太陽のような明るさ

 

持ち前の明るさと性格で、家族に笑いをもたらしていました。

 

通販番組を見るのが好きだったため、宮本良一(竹野内豊)の家には通販グッズが溢れています。

 

奥山佳恵さんがキャストを務めます。

 

田口朝正役/浅利陽介

田口朝正(浅利陽介)は光友金属営業部所属で岩木亜希子(綾瀬はるか)の部下です。
岩木亜希子(綾瀬はるか)のことをとても尊敬しています。

 

明るく何事にも一生懸命な青年です。
たまに空回りしてしまう事もあり、岩木亜希子(綾瀬はるか)に迷惑をかけることもあります。

 

人一倍オシャレに気を遣っている人物です。

 

キャストは浅利陽介さん。
個性的な役を演じ切ることで有名なため、今回も期待が高まります。

義母と娘のブルース浅利陽介が田口朝正!オシャレに気を遣う部下!

 

笠原廣之進役/浅野和之

笠原廣之進(浅野和之)は桜金属工業営業部所属で宮本良一(竹野内豊)の上司です。

 

ライバル企業である光友金属を目の敵にしています。
光友勤続の業績があがるほど宮本良一(竹野内豊)に扇子などで当たり始めます。

 

毎回宮本良一(竹野内豊)のおっとりしているところに怒っている人物。
しかし憎めない宮本良一(竹野内豊)を心配し、気にかけてくれています。

 

キャストは浅野和之さんとなっています。

 

下山和子役/麻生祐未

下山和子(麻生祐未)は不動産屋のおばちゃん。

 

地域のファミリーサポート人にも名を連ねています。
岩木亜希子(綾瀬はるか)が来るまで宮本みゆき(横溝菜帆)の世話を時々していました。

 

  • 世話好き
  • 噂好き

 

そんな人物です。

 

口が軽く、そして悪い。
さらにお節介という人物となります。

 

しかし地域から、下山和子(麻生祐未)のような人がいなくなると困るであろうという、そんなおばちゃんでもあるのでした。

 

岩木亜希子(綾瀬はるか)は下山和子(麻生祐未)を貴重な情報源とみなしています。
そして、親睦を深めていくのです。

 

麻生祐未さんがキャストを務めます。

 

黒田大樹役/大智

黒田大樹(大智)は小学生。
宮本みゆき(横溝菜帆)のクラスメイトです。

 

ガキ大将的な少年。
しかし困った人を放っておけない優しい一面もあるのでした。

 

ことあるごとに宮本みゆき(横溝菜帆)にブスと言います。
構っていますが、黒田大樹(大智)の真意は分かりません。

 

黒田大樹役のキャストは子役の大智くんが務めます。

義母と娘のブルース大智は黒田大樹(ひろき)子役が上手かわいい!

 

黒田大樹役/井之脇海

黒田大樹(井之脇海)はついに高校生となります。

 

運命的に宮本みゆき(上白石萌歌)と再会することとなりました。
そして突然の告白

 

2人は恋愛関係に発展するのでしょうか。

 

高校生へと成長した黒田大樹は井之脇海さんがキャストを務めます。

義母と娘のブルース井之脇海が黒田大樹、高校生!幼馴染みゆき好き?

 

まとめ

ドラマ「義母と娘のブルース」のキャストをご紹介しました。

 

  • 義母

 

こんな親子が描かれるのです。

 

キャストは、宮本家の周囲の人間たちがほとんど。
宮本一家を支えてくれる優しさあふれる演技にもご期待ください。

 

当たり前の日常が、本当にあたたかく感じられる作品になるようです。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年7月期, 義母と娘のブルース