刑事7人キャスト!4シーズン刑事メンバー!新キャラも?誰が続投?

   

ドラマ「刑事7人」が2018年7月に帰ってきます。
2015年から放送され、毎年人気シリーズとして夏に戻ってきているドラマ「刑事7人」。

 

2018年は第4シーズンとなっています。

 

もちろんキャストの中心は刑事たち。
続投キャストもいれば、新加入キャストもいるのです。

 

今日は詳しくドラマ「刑事7人」のキャストをご紹介します。
2018年の夏、また新たなドラマ「刑事7人」が始まります。

 

スポンサーリンク

 

刑事7人キャスト

ドラマ「刑事7人」のキャストをご紹介します。

 

第4シーズンとなった2018年。
4年目の「刑事7人」となります。

 

第4シーズンでは、新加入キャストもいます。
もちろん続投キャストもいて、新たな化学反応が起きることでしょう。

 

天樹悠役/東山紀之

天樹悠(東山紀之)は警視庁刑事部刑事総務課の刑事資料係に配属されています。

 

  • 警視庁遺失物センター
  • 捜査一課12係
  • 機動捜査隊
  • 刑事資料係

 

こんな順番で配属されてきました。

 

一見朗らか。
しかし、人を食ったような態度を見せることもあります。

 

捜査能力は非常に高く、ひたすら証拠を積み上げます。
真実が判明する瞬間までは、物事を決めつけないスタイルを取っています。

 

12年前、妻と子が事故死しています。
しかしそれが仕組まれたものであったことが判明し、あまりの衝撃に自身の正義感も揺らいでいました。

 

しかし、死を乗り越え、今は前を向いて進もうと頑張っているのでした。

 

多忙だった刑事時代に比べて、時間に追われることもなくなった刑事資料係での日々。
これはこれで悪くないと思っているのでした。

 

莫大な捜査資料と向き合う日々が、天樹悠(東山紀之)を人間犯罪ビッグデータへと変えることになっていきます。

 

天樹悠役のキャストは東山紀之さんが務めます。

 

海老沢芳樹役/田辺誠一

海老沢芳樹(田辺誠一)あ警視庁刑事部捜査一課12係の主任です。
今回、片桐正敏(吉田鋼太郎)の采配で、新たに特別チームに加わる中堅刑事となります。

 

  • 水田環(倉科カナ)
  • 青山新(塚本高史)

 

この2人の直属の上司です。

 

7年前のある事件がきっかけとなり、警察組織に対して強い不信感を抱いています。
熱すぎる正義感もあり、部下たちはなかなか指示通りに動いてはくれません。

 

元々は、捜査能力の高い刑事。
今回の人事により片桐正敏(吉田鋼太郎)に専従捜査班へ引き抜かれた人物です。

 

海老沢芳樹役のキャストは田辺誠一さんが務めます。
ドラマ「刑事7人」第4シリーズからの新メンバーキャストとなります。

 

水田環役/倉科カナ

水田環(倉科カナ)は警視庁刑事部捜査一課12係の刑事です。

 

  • 12係刑事
  • 監察官

 

これを経て現在、刑事の世界に戻ってきました。

 

帰国子女で天樹悠(東山紀之)とは。違ったタイプの刑事。

 

  • 洞察力
  • 推理力

 

これは、非常に高いものを持っています。
常に冷静沈着の刑事となります。

 

監察官からスパイとして仲間たちの動向を内偵するように要請されていました。
しかし仲間を裏切るようなことはしません。

 

監察官として過ごしていた時期もあり、頑なだった水田環(倉科カナ)の潔癖な正義感に少しずつ柔軟性が見え始めます。

 

片桐正敏(吉田鋼太郎)が行った今回の突然の人事。
怪訝にも思っていますが、その反面嬉しさを感じており、その自分にも戸惑いを隠せません。

 

水田環役のキャストは倉科カナさんが務めます。

 

野々村拓海役/白洲迅

野々村拓海(白洲迅)は警視庁刑事部刑事総務課の刑事資料係の刑事です。
1年前に入庁しています。

 

警察学校を経て天樹悠(東山紀之)の下に配属となりました。

 

野々村拓海(白洲迅)は小さなころから刑事になることが夢でした。

 

  • 好奇心旺盛
  • 無邪気すぎ

 

そんな性格が災いし、内勤に配属されました。
常に声が大きいため、天樹悠(東山紀之)や水田環(倉科カナ)、そして青山新(塚本高史)の耳をふさがせることもしょっちゅうです。

 

野々村拓海役のキャストは白洲迅さんです。
白洲迅さんは、ドラマ「刑事7人」第4シリーズからの新加入キャストとなります。

 

スポンサーリンク

 

青山新役/塚本高史

青山新(塚本高史)は警視庁刑事部捜査一課12係の刑事です。

 

  • 所轄刑事
  • 12係刑事
  • 交番勤務

 

これを経て、再び12係の刑事となりました。

 

もしも警察官になっていなければ、犯罪者になっていたかもしれない男。
一般的な感情や常識が欠落した犯罪者の行動原理を、肌感覚でつかむことができる刑事となります。

 

自分なりの信念は、法に縛られない正義。
組織の論理には飲み込まれることはありません。

 

ドラマ「刑事7人」第3シリーズで行き過ぎた言動があり、厳重に処罰されました。
捜査一課に返り咲くことができましたが、今でも反省した様子は見られません。

 

天樹悠(東山紀之)や水田環(倉科カナ)たちと再び捜査ができることを喜んでいる存在です。

 

放任主義の天樹悠(東山紀之)に代わって、新人である野々村拓海(白洲迅)の子守りを担当することになります。
それが、やんちゃだった青山新(塚本高史)を少しずつ変えていくのでした。

 

青山新役のキャストは塚本高史さんが務めます。

 

片桐正敏役/吉田鋼太郎

片桐正敏(吉田鋼太郎)は警視庁刑事部刑事総務課刑事資料の係長です。

 

  • 12係長
  • 刑事総務課長
  • 第11方面本部準備室長
  • 運転免許センター発行係

 

これらを経て、刑事資料係長となりました。

 

被疑者の首を絞めるという大失態を犯したにも関わらず現職に留まっていられるのには原因があります。
それは、上層部の弱みを握ったからだと噂されているのでした。

 

善悪定かならぬ謎の人物。
そして超権力主義者です。

 

組織の上ばかり見ているように感じますが、天樹悠(東山紀之)たちと同様に確固たる正義感を持っている刑事です。

 

今回のスペシャルチーム設立を裏で画策した張本人が片桐正敏(吉田鋼太郎)。
資料係の運営は天樹悠(東山紀之)に任せっきりで、気が向いたときだけフラッと姿を見せに来ます。

 

片桐正敏役のキャストは吉田鋼太郎さんに決定しています。

 

堂本俊太郎役/北大路欣也

堂本俊太郎(北大路欣也)は東都大学医学部法医学教室の教授です。
天樹悠(東山紀之)の義父となります。

 

世界的権威として法医学界を牽引している人物。
法医学に関する知識と技術はずば抜けているため、時として堂本俊太郎(北大路欣也)の見立てが捜査方針を180度変えることもあるほどなのです。

 

あくまでも法医学者としての立場をわきまえているため、事件を解決するのは刑事だと、警察と自分の立場を明確に一線を設けているのでした。

 

身近な人間の死を幾度か経験していく中で、悔いのない人生を送ろうと考えるようになりました。

 

  • クルージング
  • 料理

 

この趣味を再開。
今でも亡き妻の残したレシピを大切に持っています。

 

気が向くとそのレシピを基に天樹悠(東山紀之)らに手料理を振る舞ってくれます。

 

新人の野々村拓海(白洲迅)のことを、新しくできたのように可愛がります。
しかし野々村拓海(白洲迅)は迷惑ぎみに感じているようです。

 

堂本俊太郎役のキャストは北大路欣也さんが務めます。

 

まとめ

ドラマ「刑事7人」も4年目。
2018年の夏に第4シリーズが放送されるようになりました。

 

刑事たちには新キャストも加わります。
続投キャストとの融合で、どんなドラマ「刑事7人」になるのか楽しみですね。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年7月期, 刑事7人