正義のセ岡本玲が大石笑子!被害者入江の恋人彼女!最終回ゲスト!

   

ドラマ「正義のセ」の最終回に岡本玲さんが出演します。
最終回ゲストとなります。

 

岡本玲さんが演じる役は大石笑子役。
ドラマ「正義のセ」最終回の被害者の恋人、いわゆる彼女という役どころとなります。

 

スポンサーリンク

 

正義のセ岡本玲が大石笑子役

ドラマ「正義のセ」にかわいい岡本玲さんが出演します。
予告動画にも岡本玲さんの姿があったため、楽しみにしていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

 

2018年6月13日放送分のドラマ「正義のセ」最終回に岡本玲さんは出演されます。
大石笑子役にぜひご注目ください。

 

岡本玲

岡本玲さんは和歌山県出身の女優さんです。
別名義のReiで、作詞活動も行われています。

 

ピアノや暗算が得意という岡本玲さん。
エヴァークリーン・エンタテイメントに所属されています。

 

  • 「はじめまして、愛しています。」新井役
  • 「わろてんか」杉田楓役
  • 「執事 西園寺の名推理」前田美佳役
  • 「正義のセ」(最終回)大石笑子役

 

現在放送中の「執事西園寺の名推理」でもレギュラー出演中。
まさに引っ張りだこの女優さんとなっています。

 

大石笑子役

大石笑子(岡本玲)はドラマ「正義のセ」最終回の被害者とお付き合いをしていた人物。

 

  • 恋人
  • 彼女

 

ドラマ「正義のセ」最終回の被害者は入江(佐藤祐基)。
過去には傷害事件を起こしていたこともあったのです。

正義のセ佐藤祐基が入江!最終回被害者、過去に事件?意外な素顔は?

 

しかし大石笑子(岡本玲)は恋人である入江(佐藤祐基)のことに対して、暴力をふるうような人物ではないと証言。

 

表立って見えている事実だけではドラマ「正義のセ」最終回の事件は解決できないようですね。
殺人事件の真相が気になります。

 

スポンサーリンク

 

正義のセ最終回あらすじ

ドラマ「正義のセ」の最終回あらすじをご紹介します。
2018年6月13日放送分となります。

 

凜々子(吉高由里子)は、衆議院議員・中条良成(宅麻伸)の長男・秀成(落合モトキ)が犯した殺人事件を担当することになった。

秀成は、被害者の入江(佐藤祐基)にからまれて、身を守るために反撃したら殺してしまったと主張し、それを裏付ける目撃者も現れる。
また、入江が過去に傷害事件を起こしていたことも発覚し、事件は秀成による正当防衛かと思われた。

だが、凜々子と相原(安田顕)が捜査を進めると、被害者・入江の意外な素顔が明らかになる。
入江の働いていた料亭の店主は、「真面目な青年だった」と言い、恋人・笑子(岡本玲)も、「穏やかで人に暴力を振るう人間ではない」と訴える。
凜々子は、この事件には、表面上だけでは見えない真実が隠されていると感じる。

そんな中、秀成の父・中条議員が秀成の釈放を求め、港南支部に姿を現す。
毅然とした態度で拒絶する支部長・梅宮(寺脇康文)。
だが中条は、検察上層部への圧力をほのめかし、さらにはマスコミを動かし、世論を検察批判の流れに持っていこうとしていた。

秀成の起訴判断を誤れば、検察庁全体が危機に陥ってしまうかもしれない……
いまだかつてない重圧の中、凜々子は事件の真相を追う――。

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「正義のセ」第10話となる最終回に、岡本玲さんが出演します。
かわいいため、注目されそうですね。

 

岡本玲さんが演じる役は大石笑子役。
被害者となる入江(佐藤祐基)の恋人という役どころになります。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年4月期, 正義のセ