覚悟はいいかそこの女子。田中偉登が真島奏太!KY鋼のメンタル!

      2018/07/01

ドラマ「覚悟はいいかそこの女子。」第2話のゲストが発表されました。
田中偉登さんです。

 

一体、田中偉登さんってどんな方なのでしょうか。

 

田中偉登さんがドラマ「覚悟はいいかそこの女子。」で演じる役は真島奏太役。
役柄についても、詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

覚悟はいいかそこの女子。真島奏太役は田中偉登

ドラマ「覚悟はいいかそこの女子。」に田中偉登さんが出演します。
田中偉登さんはまだ若い俳優さん。

 

そんな田中偉登さんが真島奏太役としてドラマ「覚悟はいいかそこの女子。」に出演です。
真島奏太役という人物、結構空回りしています。

 

田中偉登

田中偉登は大阪府出身の俳優さんです。
2000年生まれという、まだまだ若い方なのでした。

 

幼少期に読者モデルをされていた田中偉登さん。
それがきっかけとなり芸能界へと入りました。

 

ドラマデビューは2012年。
映画デビューも同じ年にされています。

 

  • 「13歳のハローワーク」小暮鉄平(13歳)役
  • 「コンデラタロウ」田部しんぞう役
  • 「セトウツミ」馬場役
  • 「覚悟はいいかそこの女子。」(第2話)真島奏太役

 

天真爛漫な性格という田中偉登さん。
将来の夢はハリウッド俳優なんだそうです。

 

まずは日本で大いに活躍して、海外にはばたいてほしいものですね。

 

スポンサーリンク

 

真島奏太役

真島奏太(田中偉登)は学園の男子生徒。

 

  • 身長
  • 成績

 

これらいたって普通な男子。
しかし空気が読めないKYで、暑苦しいキャラクターとなります。

 

女子からはマジ無理という存在。
拒絶されているのでした。

 

それでもアプローチをする真島奏太(田中偉登)。
拒まれてもへこたれることのない、鋼のメンタルを持っています。

 

どうにかしてモテようと古谷斗和(中川大志)のマネをします。

 

しかし逆に女子からは疎まれるのです。
まさに悪循環に陥っている人物なのでした。

 

覚悟はいいかそこの女子2話みどころ

ドラマ「覚悟はいいかそこの女子。」第2話の見どころです。

 

今回斗和たちと”恋という名の悶絶地獄”に巻き込まれるのは、何をやっても暑苦しい、女子から「マジムリ」呼ばわりされている真島奏太。
超絶イケメンの愛され男子・斗和の真似をして女子に近づくのだが、それも逆効果!
そんな奏太に、手を差し伸べる同級生の早乙女珠子があらわれて・・・!?
不器用男子たちの恋愛塾がスタートする!

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「覚悟はいいかそこの女子。」第2話に田中偉登さんが出演します。
若手俳優の1人で、夢であるハリウッド俳優に向かって頑張ってほしいですね。

 

田中偉登さんが演じる真島奏太の暑苦しさにも注目したいですね。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年6月期, 覚悟はいいかそこの女子。