グッドドクター音楽は得田真裕!サントラが熱い!エモい感動泣ける!

   

ドラマ「グッドドクター」の音楽に注目してみましょう。
音楽というのは、主題歌ではなく、サントラ、BGM、劇伴といわれる音楽となります。

 

今回ドラマ「グッドドクター」の音楽を担当するのは得田真裕さん。
得田真裕さんのお名前を見ただけで、感動するエモい音楽となることを期待してしまいます。

 

スポンサーリンク

 

グッドドクターの音楽サントラは得田真裕

ドラマというと、脚本やキャストに目がいきがちですね。
音楽といっても、主題歌ばかりに気を取られ、裏で流れている劇伴音楽を忘れがちです。

 

しかし意外にも重要な役割を果たしているのがBGMとして流れているサントラ音楽なのです。

 

サントラ音楽は、登場人物の心境や感情。
さらに情景が伝わりやすくなる役割を持っています。

 

ドラマ「グッドドクター」では、温かい世界が描かれます。
しかしその中には、生死という重たいテーマもあるのです。

 

すべての子どもを大人にしたいというテーマが描かれる作品。
心が動かされるようなドラマですね。

 

では、ドラマ「グッドドクター」の劇伴音楽を担当するのは一体誰なのでしょうか。
かなり発表は遅かったのですが、得田真裕さんが担当することとなりました。

 

 

得田真裕さんは鹿児島県出身の方。

 

  • 作曲家
  • 編曲家
  • ギタリスト

 

これらの肩書で音楽活動をされています。

 

5歳からピアノ。
中学ではギター。
そして高校では吹奏楽に励みました。

 

大学在学中からCM音楽の作曲などを行っていた得田真裕さん。
卒業後も、劇伴音楽やテーマ音楽の作曲で、多くの作品に参加するようになりました。

 

スポンサーリンク

 

では、得田真裕さんは過去にどんな音楽を生み出してきたのでしょう。
参加作品を見ていきます。

 

  • 「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」
  • 「カンナさーん!」
  • 「アンナチュラル」
  • 「正義のセ」
  • 「グッドドクター」

 

皆さんどうですか?
ぱっと思い浮かべる劇伴音楽もあるのではないでしょうか。

 

それぞれの作品のテーマは違いますが、得田真裕さんの温かい音楽が思い浮かびます。

 

それは時に涙を誘い、感動となることもありました。
今風にいうと、エモい音楽なのです。

 

ドラマ「グッドドクター」のBGM音楽は誰が担当するのか楽しみにしていましたが、得田真裕さんがサントラ担当と聞き、ホッとした部分もあります。

 

というのも、冒頭で書かせていただいた通り、ドラマにとってサントラ音楽は重要な役割を持つからです。

 

ドラマ「グッドドクター」は心動かされる作品。
その世界感を表せるのは得田真裕さんだと思ったからです。

 

みなさんもドラマ「グッドドクター」の世界とともに得田真裕さんの世界観を楽しんでみて下さい。
音楽にも注目していきたいですね。

 

まとめ

ドラマ「グッドドクター」のサントラ音楽を得田真裕さんが担当することとなりました。

 

得田真裕さんの音楽は過去の作品を見ても温かく感動する楽曲ばかり。
まさにドラマ「グッドドクター」の音楽がエモいと思う理由となるのです。

 

得田真裕さんの音楽でドラマ「グッドドクター」の世界観を表現します。
ぜひ耳からも世界観を感じ取ってみて下さいね。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年7月期, グッドドクター