この世界の片隅に傘の意味とは?初夜の営みの合言葉?柿の木問答!

   

ドラマ「この世界の片隅に」にというワードが出てきましたね。
ここで出てきた傘の意味とは、一体何なのでしょうか。

 

どんな意味を持つのか調べてみました。

 

傘の意味は、昔の合言葉だったようです。
その行為とは、何なのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

この世界の片隅に傘の意味とは

ドラマ「この世界の片隅に」で難しい描写がありました。
それが傘。

 

傘の会話の意味とは、一体なんだったのでしょうか。
みなさんはどんな解釈をしましたか?

 

今日は、詳しく調べてみようと思います。

 

傘が会話で登場

ドラマ「この世界の片隅に」第1話で早速、が登場しました。
傘は会話で登場しましたね。

 

  • 北條すず(松本穂香)
  • 森田イト(宮本信子)

 

この2人の会話でした。

 

傘を一本持ってきたかと言われたら、なんと答えればいいのかを教えてくれたのが森田イト(宮本信子)でした。

 

ほいでの。
向こうの家で祝言を挙げるじゃろ。

その晩、婿さんが傘を一本持ってきたか?言うてじゃ。
そしたら、はい、新なの1本持ってきました、言うんで。

ほいで向こうが、差してもええかのぅ?言うたら、どうぞ、言う。

出典:ドラマ「この世界の片隅に」第1話本編より

 

この祝言の意味は結婚式という意味です。
新なの1本というのは、新しいのを1本という意味ですよ。

 

こんな会話がありました。
この傘の意味が気になる人が多かったですよね。

 

北條すず(松本穂香)も意味が分からず、何で?と尋ねましたが、なんでもじゃ、と会話が終わってしまいました。

 

ある行為の儀式であることを、女の先輩である森田イト(宮本信子)は教えてくれていました。

 

傘の意味

では、ドラマ「この世界の片隅に」の傘の意味を考えていきましょう。

 

これは床入り作法の1つと言われています。
傘を使った問答のため、傘問答と呼ばれています。

 

ではこれ、一体どんな意味があるのかというと、新婚初夜の行為の前に行われるもの。
初夜のお誘いという意味でした。

 

この傘を使った傘問答は、広島県の一部で行われていたとされています。
ドラマ「この世界の片隅に」も広島県のお話。

 

昔は傘問答で初夜の営みのお誘いをしていたのでしょう。

 

戦時中の広島、呉あたりでは独特の方言、言いまわしとされてきました。

 

今回、北條すず(松本穂香)が傘のことをいうように言われましたよね。
しかし、婿の北條周作(松坂桃李)も親に言われているのです。

 

ストレートに誘うのではなく、合言葉儀式のような会話をするのが通常だったということなのでした。

 

スポンサーリンク

 

傘問答は柿の木問答の1つ

日本各地に、昔、柿の木問答がありました。
その中の1つが傘問答。

 

定型問答を行うのが、1つの決まり事。
儀式のようなものですね。

 

日本各地で、それぞれのバリエーションがあるのが特徴。
今回の傘問答は、広島県呉市あたりで、行われていた柿の木問答の1つなのです。

 

傘は全く違う方法で使われた

ドラマ「この世界の片隅に」で傘の会話がありました。

 

  • 北條すず(松本穂香)
  • 北條周作(松坂桃李)

 

この2人が傘の会話をしましたね。

 

この傘の意味を考えると、初夜が始まるかと思いました。
しかし実際は、傘が全く別の使われ方をしたのです。

 

北條周作(松坂桃李)に本物の傘を貸してくれと言われた北條すず(松本穂香)。
なにが始まるのかと思っていたところ、傘を使い、干し柿を取って2人で食べていました。

 

北條周作(松坂桃李)はこれから始まる初夜に、北條すず(松本穂香)が緊張しているのに気づいたのでしょう。

 

傘の会話をしたうえで、あえて別の行動をし、北條すず(松本穂香)の緊張をほぐそうとしたのかもしれませんね。
北條周作(松坂桃李)の優しさであり、愛のカタチだったのでしょう。

 

まとめ

ドラマ「この世界の片隅に」で傘についての描写がありました。
その描写の意味をしらべてみました。

 

傘の意味は、傘問答。
日本各地で行われていた柿の木問答の1つだったのです。

 

その意味をいい意味で裏切ってくれたのが北條周作(松坂桃李)。
傘を使って干し柿を取ってくれました。

 

北條すず(松本穂香)への愛が感じられたシーンでもありましたね。

 

傘の意味は、しっかりと詳しく描かれなかったことが美しさでもあるのでしょう。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年7月期, この世界の片隅に