dele高橋源一郎が浦田文雄!依頼人自殺?監視の意味?バラ送る?

   

ドラマ「dele」第3話に高橋源一郎さんが出演します。
第3話のゲストとなります。

 

高橋源一郎さんが演じるのは浦田文雄役。
浦田文雄(高橋源一郎)は第3話の依頼人となります。

 

スポンサーリンク

 

dele高橋源一郎が浦田文雄役

ドラマ「dele」第3話に高橋源一郎さんが出演です。
ゲストとして高橋源一郎さんは浦田文雄役を演じます。

 

浦田文雄(高橋源一郎)は依頼人。
ロマンある依頼だと考えられていましたが、意図にはどんな思いが秘められているのでしょうか。

 

高橋源一郎

高橋源一郎さんは広島県出身の小説家です。
明治学院大学で教授も務めています。

 

そんな高橋源一郎さんは俳優としても活躍されていました。

 

  • 「カルテット」綿来欧太郎役
  • 「dele」(第3話)浦田文雄役

 

これを機に高橋源一郎さんの小説もぜひ注目してみて下さい。

 

浦田文雄役

浦田文雄(高橋源一郎)は、みなと写真館の店主です。
第3話のdele. LIFEの依頼人となります。

 

浦田文雄(高橋源一郎)は自分の死後に、あるデータを削除する前にコピーしてほしいと依頼しました。

 

  • バラの花
  • データ

 

この2つを江角幸子(余貴美子)に届けてほしいと依頼したのでした。

dele余貴美子が江角幸子!理容師、浦田に監視されてた?バラは?

 

依頼後、海に飛び込み自殺をした浦田文雄(高橋源一郎)。
2人の関係はなんなのでしょうか。

 

コピーしたデータからは浦田文雄(高橋源一郎)が長年、江角幸子(余貴美子)を監視していた事が発覚します。
これは何を意味するのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

dele3話あらすじ

ドラマ「dele」第3話のあらすじをご紹介します。
2018年8月10日放送分となります。

 

「dele. LIFE」の事務所に、さびれた街で写真館を営む老人・浦田文雄(高橋源一郎)が現れた。
社長の坂上圭司(山田孝之)が外出中だったため、真柴祐太郎(菅田将暉)は無断で浦田を事務所内に案内。
さらに浦田から、死後のパソコンデータ削除と併せ、“奇妙な依頼”を引き受けてしまう。
それは…
削除する前にデータをコピーし、バラの花と一緒に同じ街の住人・江角幸子(余貴美子)へ届けてほしい、という依頼だった!

勝手な受託に苛立ちを隠せない圭司の隣で、浦田の依頼にロマンを感じる祐太郎。
ところが数日後、耳を疑うような事実が判明する。
浦田が海に飛び込んで自殺したのだ!

死亡確認に向かった祐太郎は突然の出来事に肩を落としながらも、幸子の所在を確認すべく、彼女が営む理髪店へ。
身元を偽り、幸子に接触するのだが…!?

やがて祐太郎は、不審な男が写真館に忍び込み、浦田のノートパソコンを盗んでいく現場を目撃。
すぐ圭司に報告し、何とかして男の正体と居場所を突き止めようとするが、事はそう簡単には運ばない。
その矢先、浦田のパソコンが起動したとの信号が、圭司のPC端末「モグラ」に送られてきて…!

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「dele」第3話に高橋源一郎さんが出演します。
第3話のゲストとして高橋源一郎さんは浦田文雄役を演じるのでした。

 

浦田文雄(高橋源一郎)は依頼人で自殺。
江角幸子(余貴美子)との関係が気になります。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年7月期, dele