グッドドクター堀内敬子が鶴田皐月、産婦人科医!小児外科にヘルプ?

   

ドラマ「グッドドクター」第6話に堀内敬子さんが出演します。
堀内敬子さんが演じるのは鶴田皐月役です。

 

鶴田皐月(堀内敬子)は産婦人科医。
なぜ小児外科が舞台のドラマ「グッドドクター」に登場することになったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

グッドドクター堀内敬子が鶴田皐月役

ドラマ「グッドドクター」第6話に堀内敬子さんが出演します。
堀内敬子さんが演じるのは鶴田皐月役で産婦人科医。

 

ドラ男
なんで産婦人科医が登場するんだろう?

 

鶴田皐月(堀内敬子)は小児外科にある依頼をするためにやってきます。

 

堀内敬子

堀内敬子さんは東京都出身の女優さんです。
キューブに所属しています。

 

実は堀内敬子さんは、元劇団四季の団員だったんですよ。
幼い頃からクラシックバレエを習っていて、運動神経もよかったのです。

 

劇団四季を退団した後は、舞台などで活躍。
テレビへの出演もありましたが、常に順風だったわけではありませんでした。

 

しかし演技力の高さを評価され、憑依型女優とまで言われる様になりました。

 

  • 「砂の塔~知りすぎた隣人」橋口梨乃役
  • 「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」(第9話)吉田町子役
  • 「花のち晴れ~花男 Next Season~」馳美代子役
  • 「ハゲタカ」芝野亜希子役
  • 「グッドドクター」(第6話)鶴田皐月役

 

舞台でも活躍されている堀内敬子さんだからこその演技が見られます。
ぜひ素敵な堀内敬子さんにご注目ください。

 

鶴田皐月役

鶴田皐月(堀内敬子)は産婦人科医です。
ある要件があり、小児外科に来ていました。

 

鶴田皐月(堀内敬子)がやってきた理由は、水野理香(篠原ゆき子)の事でした。
出産間近の患者で、水野理香(篠原ゆき子)の胎児にリンパ管腫が見つかったのです。

グッドドクター篠原ゆき子水野理香の子供どうなる?リスクある手術!

 

このままでは正常に水野理香(篠原ゆき子)の分娩はできないのでした。

 

そこで鶴田皐月(堀内敬子)は帝王切開時に臍帯を切り離さず血行を確保したまま胎児に処置を行うEXITという手術をしてほしいと依頼したのです。

 

小児外科へ鶴田皐月(堀内敬子)がやってきた理由は水野理香(篠原ゆき子)のことだったのです。

 

リスクが伴う手術に水野理香(篠原ゆき子)の夫、水野悟(森岡龍)は反対。
果たして、どんな展開が待っているのでしょうか。

グッドドクター森岡龍が水野悟!理香の夫!手術反対!妻を助けたい!

 

スポンサーリンク

 

グッドドクター6話あらすじ

ドラマ「グッドドクター」第6話のあらすじです。
2018年8月16日放送分となります。

 

新堂湊(山﨑賢人)の転科は、瀬戸夏美(上野樹里)の高山誠司(藤木直人)への助言も得て無くなった。
高山から当直医も任されることになった湊は、さらに活き活きと働き出す。
だが、夏美は湊が心配。
湊の父、航(遠山俊也)から連絡先が書かれたメモを渡して欲しいと頼まれていたからだ。
湊が航から虐待を受けていたことを知る夏美は、司賀明(柄本明)に相談。
すると司賀はこの件は自分に預けて欲しいとメモを預かった。

高山は医局に湊たちを集める。
そこには産婦人科医の鶴田皐月(堀内敬子)が来ていた。
皐月の要件は出産間近の患者、水野理香(篠原ゆき子)のこと。
理香の胎児にリンパ管腫が見つかり、このままでは正常な分娩が出来ない。
そのため、帝王切開の分娩時に臍帯を切り離さず血行を確保したまま胎児に処置を行うEXITという手術を、皐月は小児外科医に依頼する。
だが、理香は周産期心筋症を患っているため胎児の処置は30分以内で終わらなければならない。
リスクを伴う手術に間宮啓介(戸次重幸)は反対する。
だが、高山は患者が望むならと請け負い、助手に夏美と湊を指名した。

湊と夏美は病室へ行き、子どもだけでも助けて欲しいという理香の強い思いを知る。
湊は高山から渡されたEXITに関する大量の文献を読み漁った。
だが、その帰り道、湊は航に声をかけられる。
怯える湊を、会いたかったと抱きしめる航。
湊は航と食事に行くことを約束する。
これを知った夏美は司賀に報告して…。

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「グッドドクター」第6話に堀内敬子さんが出演します。
堀内敬子さんが演じるのは鶴田皐月役。

 

鶴田皐月(堀内敬子)は産婦人科医です。

 

出産間近の患者のことで小児外科にやってきました。
ドラマ「グッドドクター」第6話の結末は、どうなるのでしょうか。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年7月期, グッドドクター