ハゲタカ森崎ウィン天宮光一スペース・フロンティア・ジャパン代表!

      2018/09/04

ドラマ「ハゲタカ」第7話から森崎ウィンさんが出演します。
森崎ウィンさんが演じるのは天宮光一役です。

 

天宮光一(森崎ウィン)はスペース・フロンティア・ジャパンの代表です。
熱い青年となります。

 

スポンサーリンク

 

ハゲタカ森崎ウィンが天宮光一役

ドラマ「ハゲタカ」に森崎ウィンさんが出演します。
ゲストとして森崎ウィンさんが登場するのです。

 

森崎ウィンさんが演じるのは天宮光一役。
天宮光一(森崎ウィン)は会社の独立を目指しています。

 

森崎ウィン

森崎ウィンさんはミャンマー出身の歌手。
PrizmaXのメンバーとなります。

 

また歌手だけでなく、俳優としても活躍されている人物です。

 

実は、既にハリウッドデビューを果たしている森崎ウィンさん。
演技面でも、評価が高いのでした。

 

  • 「名もなき毒」加西新役
  • 「ハゲタカ」天宮光一役
  • 「母さんがどんなに僕を嫌いでも」キミツ役

 

ミャンマー語、英語、そして日本を話せるトリリンガル
森崎ウィンさんは今後も世界で活躍する俳優さんとなりそうですね。

 

天宮光一役

天宮光一(森崎ウィン)は「スペース・フロンティア・ジャパン」代表です。
帝都重工の子会社となります。

 

まだ若い青年。
ベンチャー企業を率いている熱い人物です。

 

天宮光一(森崎ウィン)は会社の独立を目指しています。
そのため、鷲津(綾野剛)に投資を依頼するのでした。

 

鷲津(綾野剛)はスペース・フロンティアを視察。
夢にお金は投資しないと、天宮光一(森崎ウィン)からの依頼を断るのです。

 

スポンサーリンク

 

ハゲタカ8話あらすじ

ドラマ「ハゲタカ」第8話のあらすじを紹介します。
2018年9月6日放送分となります。

 

データ改ざん、不正会計…と日本を代表する重工業メーカー『帝都重工』による不祥事が次々と明るみに出る。
この危機を救うため、鷲津(綾野剛)に救済を求めた芝野(渡部篤郎)と飯島(小林薫)。
しかしその裏で、飯島がアメリカの機関投資家グループと繋がり、『帝都重工』の実権を握ろうとしているという情報を掴んだ鷲津は、『サムライファンド』を辞め、『帝都重工』の社長に就任する!

芝野を再生担当執行役員に据え、鷲津が新社長として動き出してまもなく、貴子(沢尻エリカ)が社長を務める『日光みやびホテル』でアジア各国の重工業メーカーの責任者が集まる会議が開催されることに。
「鷲津の好き勝手にはさせない」という飯島の差し金と察しつつも、その決定を受け入れる鷲津。
その後、鷲津は社長就任記者会見の場で「30日以内に『帝都重工』に革命をもたらす」と宣言する。

一方、『スペース・フロンティア・ジャパン』の天宮光一(森崎ウィン)は親会社である『帝都重工』からの契約打ち切りを通告されてから、新しいスポンサー探しに奔走していた。
「もう一度鷲津に掛け合ってみてはどうか」という広報担当の桜井加奈(青野楓)の言葉に耳を貸そうともしない天宮。
加奈はひとり鷲津のもとを訪れ、契約解除を撤回してくるよう懇願する。
そんな加奈に、鷲津は「近いうちに伺う」と意味深な言葉を残し…?

やがて鷲津は『帝都重工』子会社や関連会社の視察を開始。
再生担当の芝野は、『帝都重工』の管理職への聞き取り調査をすべく、面談を始める。

『帝都重工』に革命をもたらすという鷲津。
日本の未来のために『帝都重工』を守りたい芝野。
そして『帝都重工』の腐敗を利用し、みずからの勢力を拡大しようとする飯島――
老舗の大企業を巡ってさまざまな思惑が渦巻く中、『日光みやびホテル』での会議の日がやってくる。

鷲津の最後の戦いがついに始まる…!

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「ハゲタカ」に森崎ウィンさんが出演します。
森崎ウィンさんがゲストとして演じるのは天宮光一役です。

 

天宮光一(森崎ウィン)は夢である会社の独立を目指しています。
果たして、どんな展開が待っているのでしょうか。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年7月期, ハゲタカ