dele霧島れいか石森美穂!純子の母親、娘の自殺原因が知りたい!

   

ドラマ「dele」第6話に霧島れいかさんが出演します。
霧島れいかさんが演じるのは石森美穂役です。

 

石森美穂(霧島れいか)は石森純子(山田愛奈)の母親。
石森純子(山田愛奈)が亡くなった原因が気になるようです。

 

スポンサーリンク

 

dele霧島れいかが石森美穂役

ドラマ「dele」第6話に霧島れいかさんが出演です。
石森美穂役を演じます。

 

母親役となりますが、「もみ消して冬」でも母親役を演じました。

 

美しい姿が印象的な霧島れいかさん。
石森美穂(霧島れいか)の悲しみに満ちた母親像に期待です。

 

霧島れいか

霧島れいかさんは新潟県出身の女優さんです。
吉原歩という芸名で活動をしていた時期もありました。

 

OL勤務を経て、モデル事務所に所属。
モデルとして活動した後は女優を目指し上京されました。

 

霧島れいかさんの美しい姿が印象的なのは、モデルさんだったからなのですね。

 

  • 「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」北沢早和子役
  • 「FINAL CUT」百々瀬薫役
  • 「dele」(第6話)石森美穂役

 

霧島れいかさんの演技にご注目ください。

 

石森美穂役

石森美穂(霧島れいか)は石森純子(山田愛奈)の母親
石森俊一(横田栄司)との間に娘を生みました。

 

dele山田愛奈が石森純子!家出少女が亡くなった?本当に自殺?

dele横田栄司が石森俊一!純子の父親、娘は自殺で亡くなったの?

 

石森純子(山田愛奈)は半年前に家出。
さらに長野の別荘地で凍死し、自殺と断定されました。

 

母親である石森美穂(霧島れいか)は、死に場所を選んだ理由が気になっています。

 

親子で毎年過ごした別荘の近くで亡くなった石森純子(山田愛奈)。
それは何かを訴えたかったのではないかと話すのでした。

 

スポンサーリンク

 

dele6話あらすじ

ドラマ「dele」第6話のあらすじです。
2018年8月31日放送分となります。

 

長野の別荘地で、雪に覆われ眠るように死んでいる家出少女・石森純子(山田愛奈)が見つかった。
遺書はなかったが、警察は自殺と判断。
しかし、純子の両親・石森俊一(横田栄司)と石森美穂(霧島れいか)の気持ちは収まらない。
愛娘の自殺原因を知りたいと切望する石森夫妻は、弁護士・坂上舞(麻生久美子)のもとへ。
フリープログラマー・坂上圭司(山田孝之)とその相棒・真柴祐太郎(菅田将暉)に引き合わされた夫妻は、純子が日記をつけていたパソコンのパスワード解除を依頼する。

実は、俊一には自殺の原因に心当たりがあった。
純子が家出する前の行動から、通学していた中学校でいじめに遭っていた可能性が高いというのだ。
さしあたり、純子のスマホから消去されていたデータを復元した圭司は、同級生たちとの仲睦まじい写真や動画を発見。
そこに写っていた小川優菜(中田青渚)らと接触した祐太郎は、“思わず言葉を失う動画”を新たに入手してしまう…。

やがて苦労の末、圭司は純子のパソコンへ入り込むことに成功。
ところが…
データが何も残っていないという、まさかの状況に直面する!

死ぬ前にデータを消したのは、身辺を綺麗に整理しようと思ったからなのか…。
それとも、見られるとヤバいものが入っていたからなのか…。
この謎多き現実が、圭司に火をつける。
「根こそぎさらってやるよ。全部復元して、謎を解いてやる」――
取り憑かれたように純子のパソコンと格闘する圭司。
そんな彼の前に“果てしなく深い闇”が立ちはだかる!

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「dele」第6話に霧島れいかさんが出演します。
霧島れいかさんは石森美穂役で石森純子(山田愛奈)の母親です。

 

石森美穂(霧島れいか)は娘の死の原因を知りたがっているのでした。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年7月期, dele