dele7話千葉哲也が宮川新次郎市会議員が毒物混入事件の真犯人?

   

ドラマ「dele」第7話に千葉哲也さんがゲスト出演します。
2018年9月7日放送分となります。

 

千葉哲也さんが演じるのは宮川新次郎役。
宮川新次郎(千葉哲也)は市会議員です。

 

スポンサーリンク

 

dele7話、千葉哲也が宮川新次郎役

2018年9月7日に放送されるドラマ「dele」第7話に千葉哲也さんが出演します。

 

千葉哲也さんが演じる宮川新次郎役は、事件の真犯人かもしれません。
毒物混入事件の真相が明らかになりそうです。

 

千葉哲也

千葉哲也さんは神奈川県出身の俳優さんです。
また、演出家としても活躍されています。

 

  • 「ペテロの葬列」井手正男役
  • 「真田丸」豊臣秀長役
  • 「dele」(第7話)宮川新次郎役

 

舞台を中心に活躍されていた千葉哲也さんの演技力にもぜひご注目ください。

 

宮川新次郎役

宮川新次郎(千葉哲也)は市会議員です。

 

毒物混入事件の犯人として逮捕され、死刑囚となっている笹本清一(塚本晋也)。
そして自殺をした笹本清一(塚本晋也)の息子、笹本隆(西ヶ谷帆澄)。

dele7話、塚本晋也が笹本清一キャスト!事件の犯人、死刑囚?

 

笹本隆(西ヶ谷帆澄)が持っていた映像に毒物混入事件の真犯人が写っていたのです。
それが市会議員の宮川新次郎(千葉哲也)でした。

 

宮川新次郎(千葉哲也)にまつわる黒い裏情報を入手します。
次々に犯行動機となる裏の顔が浮かび上がってくるのでした。

 

毒物混入事件の真犯人は、本当に宮川新次郎(千葉哲也)なのでしょうか。
宮川新次郎(千葉哲也)の目的が気になります。

 

スポンサーリンク

 

dele7話あらすじ

ドラマ「dele」第7話のあらすじです。
2018年9月7日放送分となります。

 

依頼人・笹本隆(西ヶ谷帆澄)の死亡確認を取った真柴祐太郎(菅田将暉)が「dele. LIFE」に帰ってきた。
死後に削除するよう依頼されていたファイルを、すぐさま消そうとする坂上圭司(山田孝之)。
ところが、圭司の姉で弁護士の坂上舞(麻生久美子)は、隆がある男の息子だと察知し、顔色を変える。
その男とは死刑囚・笹本清一(塚本晋也)。
8年前にバザー会場でジュースに毒物を混入し、死者4名を出した罪で逮捕されるも、無実を主張し続けている男だった!

削除指定ファイルはこの事件に関するものかもしれない――
そう考えた舞は、圭司に中身を見せるよう要請。
すると、笹本が毒物を入れたとされる日時に、別の男が不審な粉末をウォータークーラーに投入する映像が出てくる!

この映像があれば死刑判決を覆せるかもしれない、と考える舞。
だが、圭司は証拠として提出するのは契約違反だと難色を示す。
そんな中、真相を調べてみることを選択した祐太郎は、事件現場近くで洋食店を営む上野兼人(Mummy-D)から、映像に写っていた男が市会議員・宮川新次郎(千葉哲也)だという情報を入手。
さらに、その事件で上野の娘が死亡していたことも分かり…。

やがて、圭司と祐太郎はそれぞれ、宮川にまつわる黒い裏事情を入手する。
だが、その内容はまるで異なるものだった!

しかも調べれば調べるほど、街に暮らす人々から、犯行動機となりうる“裏の顔”が次々と浮かび上がってきて…!?

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「dele」第7話に千葉哲也さんが出演します。
千葉哲也さんが演じるのは宮川新次郎役で市議会議員の役です。

 

宮川新次郎(千葉哲也)は本当に事件の犯人なのか気になりますね。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年7月期, dele