ヒモメン打ち切り?全7話で最終回!視聴率とミスキャストが原因?

   

ドラマ「ヒモメン」に打ち切り疑惑が出てきています。
実は全7話で最終回となるのです。

 

  • 視聴率
  • ミスキャスト

 

これらが打ち切りの原因なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

ヒモメン打ち切り?

ドラマ「ヒモメン」が打ち切りなのではないかと言われています。
それは全7話で最終回を迎えるからでしょう。

 

最近のドラマは10話で完結することが多いですよね。
それでも、深夜ドラマ枠は8話などが無難です。

 

そんな中、ドラマ「ヒモメン」は7話で完結。
これには、打ち切り説が出ても仕方ないかもしれません。

 

打ち切り理由は視聴率?

ドラマ「ヒモメン」は、そこまで視聴率が良い作品とは言えません。
低視聴率ドラマと言っていいでしょう。

 

深夜ドラマだからこそ、高視聴率は望めなくとも、そこまで話題性もないのが事実。
これは、ドラマ「ヒモメン」の打ち切り理由となっても仕方ないかもしれませんね。

 

正直ドラマ「ヒモメン」の前クールで放送されていた「おっさんずラブ」。
その反響があまりにも多かったため、ドラマ「ヒモメン」の低評価が目立っているのかもしれませんね。

 

打ち切り説が本当であれば、低視聴率、話題性のなさも1つの要因でしょう。

 

スポンサーリンク

 

打ち切り理由はミスキャスト?

ドラマ「ヒモメン」ですが、ミスキャストという声もあります。
そのキャストによって、視聴率も下がり、話題性にも欠けると言われているのです。

 

これも本当であれば打ち切り説の理由となりそうです。

 

窪田正孝さんのクズっぷりは、好評ですよね。
しかし相手役の川口春奈さんに、あまりいい印象がないようです。

 

というのも、ヒモを更生したいのにも関わらう、結局ヒモの行動に感動しているという女性。
キャストというよりキャラクターに問題があるのかもしれません。

 

方向性がよくわからないドラマだからこそ、打ち切りとなってしまったのでしょうか。

 

本当にヒモメンは打ち切りなの?

では、本当にドラマ「ヒモメン」は打ち切りなのでしょうか。
こればかりは、何も分かりません。

 

しかし話題性のなさ、低視聴率は事実。
8話で完結、10話で完結でも、そこまで盛り上がりを見せぬまま最終回を迎えることが間違いないでしょう。

 

だとするならば、7話で最終回を迎え、特別番組を放送したほうが、まだいいのかもしれませんね。

 

まとめ

ドラマ「ヒモメン」は全7回で最終回を迎えます。
これには打ち切り説が出ているのです。

 

真偽は分かりませんが、7話で完結するドラマ「ヒモメン」。
最後まで楽しみたいです。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年7月期, ヒモメン