文学処女キャスト!誰が恋をする?大人の初恋どうなる?豪華出演者!

   

ドラマ「文学処女」のキャストをご紹介します。

 

これは大人の初恋が描かれる物語。
一体誰がキャストとなって恋をするのでしょうか。

 

豪華出演者がキャストに揃いました。

 

スポンサーリンク

 

文学処女のキャスト

今日はドラマ「文学処女」のキャストをご紹介します。

 

  • 恋を知らない女
  • 恋ができない男

 

この2人を中心に大人の初恋が描かれます。

 

主演キャストはこの2人となります。

 

  • 森川葵
  • 城田優

 

果たして、脇を固める豪華キャストは一体誰なのでしょうか。

 

月白鹿子役/森川葵

月白鹿子(森川葵)は緑線社・文芸編集部の編集者です。

 

子供の頃から大好きな本の中でしか恋愛を知りません。
現実での恋愛経験は全くないのでした。

 

編集長命令であこがれの人気作家、加賀屋朔(城田優)の担当になります。
期待に胸を膨らませた月白鹿子(森川葵)でしたが、理不尽な要求に振り回される日々となります。

 

加賀屋朔(城田優)の素顔に触れるうちに、月白鹿子(森川葵)の気持ちが変化していきます。

 

月白鹿子役のキャストは森川葵さんが演じます。

 

加賀屋朔役/城田優

加賀屋朔(城田優)は人気小説家です。
出版する作品全てがミリオンセラーとなるほどの人気があります。

 

加賀屋朔(城田優)は甘いマスクの持ち主でもあるため、雑誌の表紙を飾ることもあるのでした。

 

気難しい性格で、編集者とはまともに接することはありませんでした。
しかし新しい担当となった月白鹿子(森川葵)に興味を抱きます。

 

加賀屋朔(城田優)は恋愛を題材にした小説だけは書きません。
その理由は一体なんなのでしょうか。

 

加賀屋朔役のキャストは城田優さんです。

 

望月千広役/中尾暢樹

望月千広(中尾暢樹)は緑線社、文芸編集部の編集者

 

  • 月白鹿子(森川葵)
  • 七星真樹(上遠野太洸)

 

この2人の同期となります。

 

望月千広(中尾暢樹)は月白鹿子(森川葵)に想い寄せています。
女性の噂が絶えない加賀屋朔(城田優)の担当になったことを心配しているのです。

 

しかしそのことに月白鹿子(森川葵)は気づいていないのでした。

 

望月千広役のキャストは中尾暢樹さんが務めます。

 

七星真樹役/上遠野太洸

七星真樹(上遠野太洸)は緑線社の校閲部所属

 

  • 月白鹿子(森川葵)
  • 望月千広(中尾暢樹)

 

この2人の同期となります。

 

望月千広(中尾暢樹)のことが本命だと言い寄っています。
しかしどこまで本気なのかは誰もわかりません。

 

時に核心をつく助言をし、望月千広(中尾暢樹)を後押しするのが七星真樹(上遠野太洸)なのでした。

 

七星真樹役のキャストは上遠野太洸さんです。

 

スポンサーリンク

 

三島暁里役/古賀哉子

三島暁里(古賀哉子)は17歳の高校生
三島皓(河原雅彦)編集長の娘となります。

 

作家志望です。

 

三島暁里役のキャストは古賀哉子さんが務めます。

 

天村千夜香役/田辺桃子

天村千夜香(田辺桃子)は謎の美少女
雰囲気が月白鹿子(森川葵)に似ています。

 

天村千夜香役のキャストは田辺桃子さんです。

 

川端龍之介役/綱啓永

川端龍之介(綱啓永)は緑線社の編集者です。
新入社員となります。

 

川端龍之介役のキャストは綱啓永さんが務めます。

 

谷崎鏡花役/池上紗理依

谷崎鏡花(池上紗理依)は緑線社編集者。
新入社員です。

 

谷崎鏡花役のキャストは池上紗理依さんです。

 

有明光稀役/泉里香

有明光稀(泉里香)は赤文社の敏腕編集者です。
赤文社で加賀屋朔(城田優)を担当しています。

 

緑線社と赤文社はライバル関係なのです。

 

有明光稀(泉里香)は加賀屋朔(城田優)との浅からぬ関係をにおわせます。
ミステリアスな美女です。

 

有明光稀役は泉里香さんが務めます。

 

三島皓役/河原雅彦

三島皓(河原雅彦)は緑線社、文芸編集部の編集長です。

 

  • 月白鹿子(森川葵)
  • 望月千広(中尾暢樹)

 

この2人の上司となります。

 

また、作家志望の娘、三島暁里(古賀哉子)を溺愛しているのです。

 

三島皓役のキャストは河原雅彦さんです。

 

まとめ

ドラマ「文学処女」のキャストをご紹介しました。

 

主演キャストは、森川葵さんと城田優さんというW主演となりました。
脇を固めるキャストも素敵な方々が揃いましたね。

 

期待が高まるばかりです。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年9月期, 文学処女