僕らは奇跡でできている主題歌はSUPER BEAVERの予感!

   

ドラマ「僕らは奇跡でできている」の主題歌が発表されました。
インディーズバンドが担当します。

 

担当するアーティストはSUPER BEAVERスーパービーバー)。
主題歌タイトルは「予感」でドラマ書き下ろしの新曲となります。

 

スポンサーリンク

 

僕らは奇跡でできている主題歌

高橋一生さんが主演を務めるドラマ「僕らは奇跡でできている」の主題歌をご紹介します。
ドラマを後押しする存在が主題歌ですね。

 

今回ドラマ「僕らは奇跡でできている」の主題歌を担当するのはSUPER BEAVER(スーパービーバー)。
「予感」はどんな楽曲になっているのでしょうか。

 

SUPER BEAVER

SUPER BEAVER(スーパービーバー)は2005年に結成されたロックバンドです。
4人組のメンバーで構成されています。

 

  • 渋谷龍太
  • 柳沢亮太
  • 上杉研太
  • 藤原広明

 

SUPER BEAVER(スーパービーバー)はビーバーと略され親しまれています。
まだインディーズのバンドなのです。

 

シンプルな言葉で本質を突いてくるのがSUPER BEAVER(スーパービーバー)の楽曲の特徴。
これに心打たれるファンも多いようです。

 

最も勢いのあるバンドの1つとして知られるSUPER BEAVER(スーパービーバー)。
今後の活躍にも期待が高まります。

 

SUPER BEAVER(スーパービーバー)にとって民放ゴールデン、プライム帯に放送される連続ドラマの主題歌を担当するのは初めてのこととなります。

 

ドラマ「僕らは奇跡でできている」で多くの人がSUPER BEAVER(スーパービーバー)の楽曲を耳にすることになりそうですね。

 

スポンサーリンク

 

予感

ドラマ「僕らは奇跡でできている」主題歌タイトルは「予感」です。
「予感」の作詞作曲は、ギターの柳沢亮太さんが手掛けました。

 

「予感」はSUPER BEAVER(スーパービーバー)の新曲。
ドラマ「僕らは奇跡でできている」のために書き下ろされた楽曲となります。

 

曲調はアップテンポ。
自分の感性に素直に従い生きていこうというメッセージが込められた1曲に仕上がっています。

 

まさにドラマ「僕らは奇跡でできている」を後押しするような1曲。
主題歌として、ドラマを盛り上げる存在となりそうです。

 

 

まとめ

ドラマ「僕らは奇跡でできている」の主題歌をご紹介しました。
インディーズバンド、SUPER BEAVER(スーパービーバー)の新曲が選ばれました。

 

主題歌タイトルは「予感」。
ドラマ「僕らは奇跡でできている」のために書き下ろされた楽曲で、世界観がマッチしている部分にもご注目ください。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年10月期, 僕らは奇跡でできている