リーガルV脚本家は橋本裕志!過去作品は?視聴率悪で脚本家変更も?

   

ドラマ「リーガルV」の脚本家が話題となっています。
それもそのはずで、米倉涼子さんが主演を務めるからですね。

 

ドラマ「リーガルV」の脚本を担当するのは、脚本家の橋本裕志さん。
期待が高まるばかりです。

 

スポンサーリンク

 

リーガルV脚本家の橋本裕志が担当

ドラマ「リーガルV」が、成功するか、しないか。
それはキャストだけでなくスタッフにもかかっています。

 

特に重要視されているのが脚本という存在。
今回ドラマ「リーガルV」の脚本は橋本裕志さんが担当します。

 

脚本家、橋本裕志さんとは、どんな方なのでしょうか。

 

橋本裕志

橋本裕志さんは北海道出身の脚本家です。

 

大学時代は、演劇部で活動されていました。
俳優としての経験もあるため、それが脚本に活きています。

 

脚本家として、橋本裕志さんがデビューしたのは1989年。
とっておき Virgin Love! 童貞物語3」でした。

 

その後は、アニメの脚本。
アニメのシリーズ構成などに携わってこられました。

 

そして1998年。
「ショムニ」の脚本を担当してからは、実写作品を中心に脚本家として活躍されています。

 

橋本裕志の過去作品

脚本家、橋本裕志さんの過去作品にはどんなものがあるのでしょうか。

 

アニメはこのあたりが有名ですね。

 

  • らんま1/2
  • 忍たま乱太郎
  • 小さな巨人 ミクロマン
  • ONE PIECE 番外編

 

アニメに関しては、脚本だけでなく、シリーズ構成もされています。

 

映画ではこんな作品が橋本裕志さんが脚本を手掛けた作品です。

 

  • テルマエ・ロマエII
  • 映画 ビリギャル
  • いぬやしき

 

そしてドラマでは、こんな作品を橋本裕志さんが脚本担当しました。

 

  • 就活家族~きっと、うまくいく~
  • オトナ高校
  • リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~

 

橋本裕志さんの有名な過去作品をご紹介しました。
みなさんはどんな印象を持たれましたか。

 

スポンサーリンク

 

視聴率が悪いと脚本家変更?

さてドラマ「リーガルV」の脚本を担当することとなった橋本裕志さん。
万が一、視聴率が悪ければ、脚本家の変更が行われることでしょう。

 

ドラマ「リーガルV」の主演を務める米倉涼子さんに泥を塗るわけにはいきませんので、脚本家変更で対応することでしょう。

 

シリーズ化されることが濃厚な「リーガルV」。
来年も橋本裕志さんが脚本家を担当することを願いつつ、視聴率にも注目が集まりそうです。

 

シリーズ化をすることとなっても途中で脚本家が変更になることは多くありますよね。
理由は様々ですが、少しドラマのニュアンスが変わったと感じれば、脚本家が変わっていたということもあります。

 

果たして高視聴率を叩き出し、橋本裕志さんが脚本家として「リーガルV」へ関わり続けることができるのでしょうか。
こちらもぜひ注目してみて下さい。

 

まとめ

ドラマ「リーガルV」で脚本を担当するのは橋本裕志さんです。
脚本家、橋本裕志さんの過去作品もご紹介しました。

 

話題となり、シリーズ化をするとも言われているドラマ「リーガルV」。
視聴率次第では、脚本家が変更されることも十分にありえます。

 

橋本裕志さんが、来年も再来年もドラマ「リーガルV」で脚本家として関わり続けられるには視聴率が大きく関係しそうですね。

 

ドラマ「リーガルV」の脚本、橋本裕志さんの作風にもぜひご期待ください。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年10月期, リーガルV