まんぷく朝ドラのロケ地・撮影場所は?泉大津が話題!和歌山も!

      2018/10/01

NHK連続テレビ小説「まんぷく」のロケ地をご紹介していきます。
朝ドラの放送は半年間に及ぶため、ロケ地、いわゆる撮影場所も必然的に多くなってきます。

 

  • 和歌山
  • 泉大津

 

ここあたりが、ロケ地として目撃情報が多いですね。

 

しかしながら、まだまだ情報不足です。
ぜひ目撃された方や情報をお持ちの方は、コメント欄で教えて下さい。

 

スポンサーリンク

 

朝ドラまんぷくロケ地・撮影場所

朝ドラ「まんぷく」は2018年にクランクインをし、撮影が始まりました。
放送は2018年10月1日から約半年間となります。

 

半年間という長い放送期間のためロケ地や撮影場所は必然的に多くなってきますね。

 

ロケ地巡りをされる方もいらっしゃると思いますが、注意点があります。

 

最低限のマナーを守ってくださいね。
ロケ地や撮影場所の近くでは、ごく普通の生活があります。

 

生活をしている住民や、観光客の邪魔だけはしないように注意しましょう。

 

またロケや撮影が行われている場合もあります。
迷惑をかけないように、マナーを守ってロケ地を巡って、撮影場所へ行ってみてください。

 

和歌山県

さて、朝ドラ「まんぷく」のロケ地として目撃情報が多かったのが和歌山県です。
2018年7月に、和歌山県での目撃情報が多くありました。

 

朝ドラ「まんぷく」第1週目は、和歌山県がロケ地となったシーンが多くあるかもしれませんね。
ぜひご期待ください。

 

 

 

泉大津市

朝ドラ「まんぷく」はインスタントラーメンを生み出す人物たちが描かれます。
大阪池田市が有名ですがもう1つ有名な場所があるのです。

 

それが泉大津市
大阪の池田市に住む前は泉大津市に住んでいました。

 

そこで製塩や食品関係の仕事をしていたのです。

 

となると朝ドラ「まんぷく」で早い時期に泉大津市のシーンが放送されそうです。
泉大津市がロケ地になったことは間違いないでしょう。

 

泉大津市は、日本一の毛布のまちとして知られています。
大阪府泉大津市のマスコットキャラクターは、おづみんです。

 

 

 

和歌山マリーナシティポルトヨーロッパ

朝ドラ「まんぷく」のロケ地の1つに和歌山マリーナシティポルトヨーロッパがありました。
和歌山県にあるテーマパークです。

 

中性のヨーロッパの雰囲気が感じられるのです。
モダンな大阪の雰囲気を再現するには最高のロケ地となっています。

 

朝ドラ「まんぷく」の撮影場所となった和歌山マリーナシティポルトヨーロッパでは、エキストラが70人以上も参加し撮影されたと言われています。

 

エキストラとして撮影に参加された方がいらっしゃいましたら、ぜひコメント欄で感想を教えて下さいね。

 

朝ドラ「まんぷく」では昭和10年頃の大阪を再現するためにロケ地として選ばれています。
大阪の色々な町の要素をミックスしているのでした。

 

同志社大学

朝ドラ「まんぷく」のロケ地の1つに同志社大学があるようです。
京都府にある同志社大学の校内で安藤サクラさんの目撃情報がありました。

 

2018年6月頃に撮影が行われていたようです。

 

同志社大学の今出川キャンパスがメインの撮影場所となったようです。
モダンな雰囲気があるため、朝ドラ「まんぷく」以外にも多くの作品でロケ地となっています。

 

同志社大学は福子(安藤サクラ)が通っていた大学という設定で登場。
ロケ地、撮影場所としては間違いなく登場してくるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

博物館明治村

朝ドラ「まんぷく」のロケ地として、博物館明治村が登場するようです。

 

博物館明治村は愛知県犬山市にあります。
昭和初期の時代を再現するには、もってこいの撮影場所でしょう。

 

実は博物館明治村は朝ドラ「半分、青い。」のロケ地でもあり、昔の日本を再現するのに最適です。

 

博物館明治村にある帝国ホテル中央玄関が朝ドラ「まんぷく」のロケ地として使用されたそうですよ。
桐谷健太さんの目撃情報もありました。

まんぷく桐谷健太が世良勝夫!萬平の親友?要領が良い男で自信家!

 

東映太秦映画村

朝ドラ「まんぷく」のロケ地として欠かせないのが東映太秦映画村です。
京都府右京区にある東映太秦映画村は、朝ドラ「まんぷく」だけでなく、他の作品でのロケ地としても有名ですね。

 

  • 時代劇
  • 映画
  • サスペンス

 

様々な撮影が行われている場所です。

 

朝ドラ「まんぷく」のロケ地として東映太秦映画村に再び注目が集まりそうですね。
ぜひ京都に行く予定のかたは、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

滋賀県米原市

朝ドラ「まんぷく」の撮影場所として、滋賀県米原市があげられています。
闇市のシーンの撮影場所として選ばれたようです。

 

過去にも朝ドラのロケ地にも選ばれている場所で、昔の日本の雰囲気が表現されています。

 

NHK大阪

朝ドラ「まんぷく」の撮影場所は、外でのロケばかりではありません。
スタジオ内のセットでも撮影されています。

 

中心となっているのがNHK大阪のスタジオです。

 

武庫川女子大学

武庫川女子大学も朝ドラ「まんぷく」のロケ地となりました。
撮影場所として協力されています。

 

神戸女学院

神戸女学院も朝ドラ「まんぷく」のロケ地です。
撮影場所として協力され、テロップにも登場しましたね。

 

神戸女学院は、阪急電鉄今津線の門戸厄神駅から徒歩で7~10分です。

 

まとめ

朝ドラ「まんぷく」の放送にあたってロケ地や撮影場所が気になりますよね。
ロケ地巡りをしたいと考えている人も多いことでしょう。

 

マナーを守ってロケ地巡りをしてみて下さいね。

 

今日ご紹介した朝ドラ「まんぷく」のロケ地は、まだまだ情報不足です。
ぜひ目撃情報などがありましたら、コメント欄で教えて下さい。

 

エキストラで参加された方からのコメントも大歓迎です。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年10月期, まんぷく