下町ロケット2視聴率!予想外の低さ原因は複数あった!問題は誰だ?

      2018/10/29

ドラマ「下町ロケット2」の視聴率を見ていきましょう。

 

シーズン1で大ヒット作となったドラマ「下町ロケット2」の視聴率は期待が高まりますよね。
しかし意外にも低いのです。

 

果たして、なぜここまでドラマ「下町ロケット2」の視聴率が伸び悩んでいるのか原因を探ります。

 

スポンサーリンク

 

下町ロケット2視聴率が低すぎる原因は?

ドラマ「下町ロケット2」の視聴率が毎週発表されています。
意外にも視聴率の数字が伸び悩んでいるのがドラマ「下町ロケット2」。

 

シーズン1が高視聴率だったため、期待が高まっていたのは事実。
比較してみると、その差は明らかです。

 

ではなぜ、ドラマ「下町ロケット2」の視聴率は伸び悩んでいるのでしょうか。
原因を調べていこうと思います。

 

下町ロケット1視聴率推移

まずドラマ「下町ロケット1」の視聴率推移を見ていきましょう。
2015年に放送されたものですね。

 

各話 視聴率
第1話 16.1%
第2話 17.8%
第3話 18.6%
第4話 17.1%
第5話 20.2%
第6話 17.8%
第7話 17.9%
第8話 20.4%
第9話 18.2%
最終話 22.3%

※ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム

 

10話の平均視聴率は18.5%という高視聴率で幕を閉じたドラマ「下町ロケット」。
有終の美を飾り、幕を閉じました。

 

下町ロケット2視聴率推移

2018年にドラマ「下町ロケット2」が放送されています。
続編ということで期待が高まっていますよね。

 

各話 視聴率
第1話 13.9%
第2話 12.4%
第3話 14.7%
第4話

※ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム

 

低視聴率原因は芸人の起用?

ドラマ「下町ロケット2」の視聴率を見ると、やはりシーズン1より低い印象を受けます。
その視聴率の原因は、芸人の起用が理由の1つと言われています。

 

ドラマ「下町ロケット」は2015年の放送時からお笑い芸人の起用が問題視されていました。

 

  • 今田耕司
  • バカリズム
  • 春風亭昇太
  • 立川談春

 

こちらがシーズン1に出演したお笑い芸人たちです。

 

個人的には演技力も抜群の方々が選ばれたように思っていました。
しかし、世間の評価はそんなに甘いものではありませんでした。

 

ドラマ「下町ロケット」は真面目なドラマ。
どうしてもお笑い芸人のイメージは明るくお茶らけているため、浮いて見えた人も多かったようです。

 

そもそも芸人と俳優たちが一緒に演技をするというと演技力の差が生まれてしまうもの。

 

演出家の福澤克雄さんが率いる福澤組というと、俳優陣も豪華ですよね。
そのためお笑い芸人の大量起用は、あまりにも好まれなかったようです。

 

スポンサーリンク

 

しかし懲りずにドラマ「下町ロケット2」にもお笑い芸人の起用が目立っています。

 

たとえば、イモトアヤコさん。
かなり重要なポジションを演じていますよね。

 

さらに坪倉由幸さんも出演し、シーズン1からの続投キャストも加えると、多くのお笑い芸人起用が目立ちますね。

 

これが低視聴率へと繋がっていると感じている人も多いようです。

 

それもそのはず。
シーズン1の視聴者の感想、意見を全く取り入れていません。

 

反省点が生かされることなく続編となるドラマ「下町ロケット2」を製作。
これでは視聴者離れを呼び、視聴率が伸び悩んでいる原因となるでしょう。

 

低視聴率原因は既視感

ドラマ「下町ロケット2」の視聴率が伸び悩んでいる原因として、既視感があげられます。

 

  • 半沢直樹
  • ルーズヴェルト・ゲーム
  • 下町ロケット
  • 陸王

 

これらは池井戸潤さんの小説が原作となりドラマ化されたものです。
みなさんご存知の通り、逆転劇が話題となり、多くの視聴者を喜ばせ楽しませてくれていました。

 

しかし、ドラマ「下町ロケット2」ともなれば、逆転劇5作目。
既視感を感じている人も多いと思います。

 

ある意味ワンパターン化してしまっているのです。
結果がなんとなくわかってしまっているのが低視聴率へと繋がってしまっているのでしょう。

 

低視聴率原因は続編だから?

ドラマ「下町ロケット2」は2015年の「下町ロケット」の続編ですね。
この続編という部分も視聴率の伸び悩みにつながっているようです。

 

私の周りにも多くいるのですが、2015年に放送された「下町ロケット」を見ていないという人達。
この人たちからすると、シーズン1を見ていないので「下町ロケット2」を見るのを躊躇しているようです。

 

シーズン1を見てなくても、わかるのか、理解できるのかという不安もあるのです。

 

ドラマ「下町ロケット2」の放送開始前、多くの番宣にキャストが出ていましたが、シーズン1を見てなくても大丈夫、などというものは聞かれませんでしたよね。

 

結局、続編だから見るという人はシーズン1の視聴者が大半を占めているのでしょう。

 

ドラマ「下町ロケット2」から視聴をしている人はどこまでいるでしょうか。
視聴率が伸び悩む理由は、続編だからというものもありそうです。

 

さらにドラマ「下町ロケット」を見た方で、もういいや、と思った方は「下町ロケット2」は見ませんよね。
それだけに続編やシリーズ化をすることで高視聴率を叩き出すのは難しいということなのです。

 

下町ロケット2は高視聴率?

ドラマ「下町ロケット2」は視聴率に伸び悩み、低視聴率であると伝えてきました。
しかし、それでも開始序盤から2ケタ視聴率を記録しているのは確かです。

 

  • リーガルV
  • 相棒
  • 科捜研の女

 

これら人気番組の視聴率までは数字が届いていませんが、テレビドラマ離れが進んでいる今、2ケタという視聴率は1つの目安となっていますよね。

 

シーズン1と比べると低い視聴率になっていますが、それでも人気ドラマ、高視聴率と言っていいかもしれません。

 

まとめ

ドラマ「下町ロケット2」の視聴率についてまとめてみました。

 

シーズン1に比べると、「下町ロケット2」の視聴率は低いのです。
この原因についても調べてみました。

 

最終回まで視聴率推移を見ていきますので、ぜひまた遊びに来てください。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年10月期, 下町ロケット