相棒17第3話キャスト!ゲスト誰?あらすじネタバレも【千言万辞】

   

ドラマ「相棒17」第3話についてご紹介します。

 

  • あらすじ
  • キャスト
  • ネタバレ

 

ドラマ「相棒17」は毎回ゲストが登場しますよね。
出演者にも注目していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

相棒17第3話

ドラマ「相棒17」第3話についてご紹介します。
2018年10月31日放送分です。

 

ゲストキャストも登場。
一体だれが出演者に選ばれているのでしょう。

 

あらすじもあわせてご覧ください。

 

相棒17第3話キャスト

ドラマ「相棒17」第3話のゲストをご紹介します。

 

大鷹役/森本レオ

大鷹(森本レオ)は千言万辞の辞書編集の主幹です。
言葉のこだわりが強く、取り憑かれたように言葉の収集に没頭する人物なのでした。

 

そのため改訂作業が遅れてしまいます。
ドラマ「相棒17」第3話の被害者である編集者、中西(天野浩成)と折り合いが悪いのでした。

 

大鷹役のキャストは森本レオさんが務めています。

 

国島役/森田順平

国島(森田順平)は大学教授
大鷹(森本レオ)をサポートしています。

 

千言万辞の原稿は大鷹(森本レオ)が担当していますが、編集者と折り合いが悪いため国島(森田順平)に切り替える話があるのです。

 

事件が発生した日、国島(森田順平)は遺体発見場所の公園にいたことが判明します。

 

国島役のキャストは森田順平さんです。

 

和田役/酒向芳

和田(酒向芳)は中西(天野浩成)の上司です。

 

ある2人の関係を和田(酒向芳)は口にします。

 

  • 大鷹(森本レオ)
  • 国島(森田順平)

 

大鷹(森本レオ)のこだわりが強いため、改訂作業も遅れ気味。
国島(森田順平)に交代させると中西(天野浩成)は告げに行ったと証言するのでした。

 

和田役のキャストは酒向芳さんです。

 

中西役/天野浩成

中西(天野浩成)は千言万辞の編集者です。
千言万辞は杉下右京(水谷豊)も愛読する辞書となります。

 

ドラマ「相棒17」第3話の事件の被害者となります。
メッタ刺しの遺体で発見されるのが中西(天野浩成)です。

 

中西役のキャストは天野浩成さんが務めます。

 

スポンサーリンク

 

相棒17第3話あらすじ

ドラマ「相棒17」第3話のあらすじをご紹介します。
2018年10月31日放送分となります。

 

『千言万辞』という辞書を担当する編集者の男性が、メッタ刺しの遺体で発見された。
個性的な語釈から、読み物として『千言万辞』を愛読している右京(水谷豊)は、事件に興味を持ち、亘(反町隆史)と共に独自の捜査を開始。
版元の出版社で聞き込みをすると、辞書の原稿は元大学教授の大鷹(森本レオ)という人物が一人で手掛けているのだが、殺された編集者と折り合いが悪く、大鷹をサポートしている国島(森田順平)という大学教授に主幹を切り替える話が持ち上がっていたという。
さらに、周辺の人物に事情を聞くと、取り憑かれたように言葉の収集に没頭する大鷹の偏屈ぶりが浮かび上がってくる。
そんな中、編集者の遺体が見つかった公園に、事件当夜、国島が姿を見せていたことが判明して…!?

残忍な刺殺事件の背景には複雑な人間関係が…
辞書の第一人者に秘められた殺意が明らかに!?
特命係が読み解いた事件の意外な真相とは?

出典:公式HP

 

相棒17第3話ネタバレ

ドラマ「相棒17」第3話の放送後にネタバレをいたします。
お待ちください。

 

まとめ

ドラマ「相棒17」第3話についてご紹介しました。
これさえ読めば、あなたも「相棒17」第3話マスターではないでしょうか。

 

  • ゲスト
  • あらすじ
  • ネタバレ

 

それぞれ詳しく見ていきました。
ドラマ「相棒17」第3話の放送は2018年10月31日です。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年10月期, 相棒17