もみ消して冬2019夏AIの声誰?桝太一ケンジで花澤香菜サユリ!

      2019/07/07

ドラマ「もみ消して冬2019夏」と題して、スペシャルドラマが放送されることとなりました。
放送日は、2019年6月29日です。

 

連続ドラマで大人気だった作品のため、スペシャルドラマは嬉しいですよね。

 

そして今話題のAIが登場するのです。
一体誰がAIの声を務めるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

もみ消して冬2019夏にAI登場

ドラマ「もみ消して冬2019夏」にAIが登場することとなりました。

 

ドラマにAIが登場するということは、声での出演者がいるということですよね。
一体誰が、AIの声を担当するのでしょうか。

 

実は普段から声を仕事にしている2人が担当することとなりました。

 

AIケンジの声/桝太一

AIケンジは最先端の人工知能です。

 

北沢家の長男、北沢博文(小澤征悦)が北沢家へと持ち込むのでした。
そう、未来はAIが担うためです。

 

そんなAIケンジの声を担当するのは桝太一さんです。
日本テレビに所属しているアナウンサーですね。
ご存知の方も多いと思います。

 

桝太一さんは、現在「ZIP!」の総合司会も務めていらっしゃいます。
朝からさわやかな桝太一さんの姿を見ている方も多いはずです。

 

ドラマ「もみ消して冬2019夏」は日本テレビでの放送。
アナウンサーもフリーではなく同局のアナウンサーを配置したわけですね。

 

普段から声を職業にしている桝太一さん。
ドラマ「もみ消して冬2019夏」での活躍も楽しみです。

 

 

AIサユリの声/花澤香菜

AIサユリは、AIケンジの妹です。
類まれな能力で、北沢秀作(山田涼介)のアシスタントを務めます。

 

時に北沢秀作(山田涼介)の話し相手として、信頼を得ていくのでした。

 

なんと北沢秀作(山田涼介)はAIサユリに対して、恋心のようなものも抱くようになるのです。
AIということを忘れるほど、人間に近い能力を持っているのでしょうね。

 

そんなAIサユリの声は声優の花澤香菜さんが務めることとなりました。

 

実は花澤香菜さんは元子役。
女優としても活躍されているのです。

 

もちろん声優としての人気もあり、多くのファンがいらっしゃいます。

 

花澤香菜さんの声の特徴は、美しくて済んだ声質
これが人気の理由の1つにもなっているようです。

 

人気作品の主役キャラクターの声優として大活躍中の花澤香菜さん。
人気ドラマ「もみ消して冬2019夏」での活躍も楽しみです。

 

スポンサーリンク

 

もみ消して冬2019夏あらすじ

ドラマ「もみ消して冬2019夏」のあらすじをご紹介します。
2019年6月29日放送となります。

 

警視庁のエリートだった北沢秀作(山田涼介)が、犯罪者となり失職して1年あまり。

父・北沢泰蔵(中村梅雀)は自らの経験を書いた著書『没落家族』が大ベストセラーとなり、完全復活を遂げていた。
博文(小澤征悦)もAIドクターとしてアメリカで成功、知晶(波瑠)は、AIが選んだ相手と交際順調。
小岩井(浅野和之)と楠木(千葉雄大)も執事として北沢家に復帰した。
が、秀作だけがパティシエの面接に落ち続けて北沢家の落ちこぼれだった。

そんな中、泰蔵が次回作「教育失敗」のゴーストライターを秀作に持ち掛ける。
再起を賭けて頑張る秀作。何度書いても泰蔵に却下されまくる中、博文が貸してくれた作文専門のAI、サユリに原稿を直させるという荒技で、秀作はなんとかゴーストライターとしての地位を北沢家内で確立する。
もっともそれは「万引き・カンニング・家庭内暴力」というベタな悪事の羅列で秀作自身を極悪人に描いたものであったが。

だがそうして発売された「教育失敗」が事実のねつ造を疑われ泰藏が大ピンチに。
再びのスキャンダルで開かれた家族会議。
そこで知晶の衝撃のひと言が…

「だったら秀作の行動を本に合わせればいいのよ!」

果たして秀作はこの難問をクリアして家族の名誉を守り、ピンチをもみ消すことができるのか…?

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「もみ消して冬2019夏」と題したスペシャルドラマでAIが登場です。
時代も令和に変わり、世の中はAIが普及する時代にでもなるのでしょうね。

 

ドラマの中でもAIが登場。
今日はAIの声を担当する2人をご紹介しました。

 

桝太一さん、花澤香菜さんは、共に声でお仕事をされている方。
AIの声としてのドラマ出演に、期待が高まりますね。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2019年