もみ消して冬2019夏キャストあらすじ!北沢家復活で執事も召集!

      2019/06/27

ドラマ「もみ消して冬2019夏」のキャストあらすをご紹介します。

 

ドラマ「もみ消して冬2019夏」のキャストは、基本的には連続ドラマの時と変わりません。
しかし今回のスペシャルドラマでは友情出演者などもいるのです。

 

果たしてどんなキャストが登場するのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

もみ消して冬2019夏キャスト

 

北沢秀作役/山田涼介

北沢秀作(山田涼介)は北沢家の次男です。

 

東大を卒業し、警視庁勤務でエリート警察官でした。
そう、過去形です。

 

しかし北沢家のために罪を犯した北沢秀作(山田涼介)は失職。

 

それ以来、長年の夢だったパティシエへの道を目指しています。

 

思い込みが激しいのが難点で、さらに素直すぎる部分もあります。

 

北沢秀作役には山田涼介さんがキャストとして続投します。

 

北沢知晶役/波留

北沢知晶(波留)は北沢家の長女です。

 

 

これを兼ね備えた弁護士
北沢家の兄弟の中で1番の頭脳と弁舌を誇ります。

 

北沢家が没落しても、弁護士としてのキャリアを爆走していました。

 

北沢知晶役のキャストは波留さんです。
スペシャルでも続投キャストとなります。

 

北沢博文役/小澤征悦

北沢博文(小澤征悦)は北沢家の長男です。
心臓外科医です。

 

病院内で繰り広げられていた出世戦争に敗れた北沢博文(小澤征悦)。
アメリカに修行に出ていきました。

 

そこでAIによる手術方法を取得したのです。
AIドクターヒロとして大成功を収めた北沢博文(小澤征悦)は日本に凱旋帰国します。

 

北沢博文役は小澤征悦さんが続投キャストです。

 

尾関光希役/小瀧望

尾関光希(小瀧望)は警視庁SITのホープです。

 

巧みな話術を使い、犯人の心を開き事件を解決していきます。
いわゆる説得のプロです。

 

尾関光希(小瀧望)が恋する相手は、北沢知晶(波留)。
北沢知晶(波留)に対しても巧みな話術で根気強く交際の説得を続けています。

 

尾関光希役のキャストは小瀧望さんが続投です。

 

池江里子役/恒松祐里

池江里子(恒松祐里)は北沢秀作(山田涼介)と交際中の人物。
女性警察官です。

 

危険な香りに興奮をするという、変な性格の女の子。

 

池江里子役のキャストは恒松祐里さんが続投で務めます。

 

手毛網美鎖夫役/児嶋一哉

手毛網美鎖夫(児嶋一哉)はクリーニング屋です。
北沢家に出入りをしています。

 

特徴は大の詮索好き。
今回のドラマ「もみ消して冬2019夏」では、どんな詮索をするのか楽しみです。

 

手毛網美鎖夫役のキャストは児嶋一哉さんが務めます。
続投キャストとなります。

 

スポンサーリンク

 

池江英智役/西村まさ彦

池江英智(西村まさ彦)は池江里子(恒松祐里)の父親です。

 

池江英智役のキャストを務めるのは西村まさ彦さん。
友情出演となります。

 

尾道正平役/北村有起哉

尾道正平(北村有起哉)は北沢泰蔵(中村梅雀)のゴーストライターです。

 

北村有起哉さんがキャストを務めます。
友情出演です。

 

別府役/渡辺江里子

別府(渡辺江里子)は結婚相談所のコーディネーターです。

 

キャストは阿佐ヶ谷姉妹の渡辺江里子さんが務めます。

 

楠木松也役/千葉雄大

楠木松也(千葉雄大)は北沢家の執事見習いです。
なんとイギリスの養成学校を卒業しているのでした。

 

北沢家が没落したことで、一時はクリーニング屋に再就職しました。
しかし再び北沢家が復活したことで、戻ってきたのです。

 

楠木松也役のキャストは千葉雄大さんが続投します。

 

小岩井凛治役/浅野和之

小岩井凛治(浅野和之)は北沢家の執事です。

 

21年前から北沢家を支えてきました。
北沢家からは絶大な信頼を得ている人物です。

 

北沢家が没落している時期はラーメン屋に再就職。
しかし復活とともに、小岩井凛治(浅野和之)も帰ってきました。

 

小岩井凛治役のキャストは浅野和之さんです。
続投キャストとなります。

 

北沢泰蔵役/中村梅雀

北沢泰蔵(中村梅雀)は北沢家の当主。
3兄弟の父親です。

 

教育者であり、私立「北沢学園」の元学園長でした。

 

不祥事が原因で失脚。
しかしその経験を元に書いた「没落家族」がベストセラーとなったのです。
再び時の人となり、北沢家が復活したのでした。

 

北沢泰蔵役のキャストは中村梅雀さんが務めます。
続投です。

 

もみ消して冬2019夏あらすじ

ドラマ「もみ消して冬2019夏」のあらすじをご紹介します。
2019年6月29日放送となります。

 

警視庁のエリートだった北沢秀作(山田涼介)が、犯罪者となり失職して1年あまり。

父・北沢泰蔵(中村梅雀)は自らの経験を書いた著書『没落家族』が大ベストセラーとなり、完全復活を遂げていた。
博文(小澤征悦)もAIドクターとしてアメリカで成功、知晶(波瑠)は、AIが選んだ相手と交際順調。
小岩井(浅野和之)と楠木(千葉雄大)も執事として北沢家に復帰した。
が、秀作だけがパティシエの面接に落ち続けて北沢家の落ちこぼれだった。

そんな中、泰蔵が次回作「教育失敗」のゴーストライターを秀作に持ち掛ける。
再起を賭けて頑張る秀作。何度書いても泰蔵に却下されまくる中、博文が貸してくれた作文専門のAI、サユリに原稿を直させるという荒技で、秀作はなんとかゴーストライターとしての地位を北沢家内で確立する。
もっともそれは「万引き・カンニング・家庭内暴力」というベタな悪事の羅列で秀作自身を極悪人に描いたものであったが。

だがそうして発売された「教育失敗」が事実のねつ造を疑われ泰藏が大ピンチに。
再びのスキャンダルで開かれた家族会議。
そこで知晶の衝撃のひと言が…

「だったら秀作の行動を本に合わせればいいのよ!」

果たして秀作はこの難問をクリアして家族の名誉を守り、ピンチをもみ消すことができるのか…?

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「もみ消して冬2019夏」のキャストとあらすじをご紹介しました。
基本的には連続ドラマのキャストが続投する流れですが、友情出演がキャストに含まれています。

 

また、この他にはAIの声の出演者もいるのです。

もみ消して冬2019夏AIの声誰?桝太一ケンジで花澤香菜サユリ!

 

人気ドラマがスペシャルとなって夏に帰ってくるドラマ「もみ消して冬2019夏」。
期待が高まりますね。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2019年, 2019年4月期