奪い愛、夏、借金は桜が仕組んだ罠?自作自演ワナ再び?椿が欲しい!

   

ドラマ「奪い愛、夏」でキーとなるのは1億円。

 

  • 結婚
  • 借金

 

2つの意味合いで1億円は登場します。

 

まさか!
これは花園桜(水野美紀)の仕掛けたワナだったりして…。

 

自作自演、再びでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

奪い愛、夏の借金は桜の自作自演?

ドラマ「奪い愛、夏」でキーとなるのは1億円ですよね。
2つのパターンで登場します。

 

しかし別々に考えられている1億円ですが、花園桜(水野美紀)が絡んでいる気もします。

 

1億円の借金

ドラマ「奪い愛、夏」で1億円の借金というワードが出てきます。

 

桐山椿(小池徹平)の父親が1億円の借金を抱えているのです。

 

桐山椿(小池徹平)の実家は和菓子屋さん。
日本橋で営んでいました。

 

しかし1億円の借金により、和菓子屋を手放さなければならない状況になってしまいます。

 

返済期限は迫っていますが、桐山椿(小池徹平)には解決の術がありません。

 

1億円で結婚

ドラマ「奪い愛、夏」で1億円のワードとなると結婚
ラブネクストの社長、花園桜(水野美紀)がある社員に持ち掛けます。

 

その相手こそ、桐山椿(小池徹平)でした。
1億円で結婚するように提案するのです。

 

桐山椿(小池徹平)は父親の1億円の借金で悩んでいます。
1億円での結婚に踏み出すのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

桜の自作自演の罠?

さて1億円というキーポイントが2つ出てくるドラマ「奪い愛、夏」。
どちらの1億円にも関係しているのは桐山椿(小池徹平)です。

 

しかしある人物のワナであることも考えられます。
それは花園桜(水野美紀)。

 

花園桜(水野美紀)は桐山椿(小池徹平)の父親の借金に絡んでいるのではないでしょうか。
ワナによって1億円の借金を仕掛けたようにも感じます。

 

というのも、ドラマ「奪い愛、冬」で、水野美紀さん演じる森山蘭は自作自演で通り魔を装いました。
歩けないフリをしていましたが、実際には足が動き、歩ける状態だったのです。
しかし旦那を手放したくない一心で自作自演を続けていたのでした。

 

そう考えると奪い愛シリーズは自作自演が付き物であると考えてもよさそうですよね。

 

借金はもっと少額だったのにもかかわらず、花園桜(水野美紀)の罠で1億円にまで膨れ上がった可能性もあります。

 

もしくは、花園桜(水野美紀)が和菓子屋で働いていて、ミスによって借金を作った可能性もありますよね。

 

借金の取り立ては、おそらく花園桜(水野美紀)が雇ったのではないでしょうか。

 

まさに自作自演の
ワナに引っ掛かり、父親を想う息子へ1億円での結婚を提案するという花園桜(水野美紀)が考えそうなことです。

 

借金の返済期限が迫っている頃に、桐山椿(小池徹平)へ声をかけるというのも花園桜(水野美紀)が企みそう。

 

花園桜(水野美紀)が桐山椿(小池徹平)を手に入れたい、欲しいと思う気持ちは分かるのですが…。

 

まぁ、これも私の予想。
どんな展開が待っているのかも楽しみですね。

 

まとめ

ドラマ「奪い愛、夏」でキーとなりそうなのが1億円です。

 

1億円の借金が、花園桜(水野美紀)が仕組んだ罠だとすれば、1億円で結婚を持ち掛けるという話がスムーズですよね。

 

桐山椿(小池徹平)を手に入れたいと思う気持ちが自作自演をさせているのでしょうか。
展開が楽しみです。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2019年, 奪い愛、夏