ボイス感想!真木よう子滑舌ひどい!音テーマなのに低音で気取る?

   

ドラマ「ボイス110緊急指令室」の放送が始まりました。
みなさんはどんな感想をお持ちですか?

 

真木よう子さんの滑舌がかなりの話題になっていますよね。

 

音をテーマにしているドラマなのに、真木よう子さんの滑舌が悪いという感想が多いのです。

 

スポンサーリンク

 

ボイス110緊急指令室の感想

ドラマ「ボイス110緊急指令室」の感想が色々聞かれますね。
みなさんはどんな感想をお持ちですか?

 

真木よう子の滑舌

まず、真木よう子さんの滑舌についての感想が結構ありました。
残念なのがいい意味ではない所です。

 

真木よう子さんがドラマ「ボイス110緊急指令室」で演じているのは橘ひかり役。
声紋分析官を演じています。

 

ボイスとドラマタイトルについているだけあり、音に注目する作品。
だからこそ、キャストのセリフや滑舌なども気になりますよね。

 

1番滑舌が気になってしまったのが真木よう子さん。
セリフ量も1番多く感じています。

 

そんな真木よう子さんの滑舌が悪いと感想を持った人が多いように感じました。

 

  • ん?
  • なんて言った?

 

そんな感じで、音に注目すればするほど、真木よう子さんの滑舌がきになってしまいましたね。

 

真木よう子の低音

真木よう子さんですが、わざと低音ボイスで話している気がしました。

 

  • かっこいい
  • 刑事

 

そんなイメージが低音ボイスなんでしょうね。

 

しかし真木よう子さんの低音ボイスは、あまり好評ではありません。
滑舌が悪いということも重なってしまったのでしょう。

 

低音ボイスすぎなくても良いと思います。
感想が良くなると良いのですが…。

 

スポンサーリンク

 

グロい

ドラマ「ボイス110緊急指令室」を見ていると残酷な事件、シーンが多く感じます。
それで、グロいと感想を持った人も多いようです。

 

土曜の夜、かなりの恐怖感を覚えて寝るのは、嫌ですよね。
グロいドラマとして今後の放送もされるとなると、視聴率低下へと繋がっていくのではないでしょうか。

 

怖い

グロいという感想に加えて、怖いという感想もありました。
そもそも描写が怖いですよね。

 

最近は土曜22時ドラマは楽しい作品が続いていたので、余計に怖いドラマにも感じそうです。

 

トラウマになりそう

ドラマ「ボイス110緊急指令室」を見ていると、トラウマになりそうという感想を思った人もいるようです。

 

夢に出てきそうな怖いドラマ。
グロいことも重なり、暗闇や事件がトラウマになりそうだと思ったのでしょう。

 

これでは夜中にトイレに起きたとき、すごく怖い思いをしそうです。

 

暗い

せっかくの週末。
土日は楽しい気分で過ごしたい人が多いのではないでしょうか。

 

しかし、ドラマ「ボイス110緊急指令室」は暗いドラマ。
なかなか真剣に見ることができる人は少なそうです。

 

暗いという感想を持ってしまうと、元気がない時は、さらに見ようという気になれなさそう。
感想から視聴率低下が見込めてしまうのは残念ですね。

 

まとめ

ドラマ「ボイス110緊急指令室」の感想をまとめて見ました。

 

  • ドラマ作風
  • 真木よう子

 

この2つに関しての感想が多く感じました。

 

しかし、どの感想を見ても、あまりに前向きなものではありません。
どちらかというと、視聴率が下がりそうな感想が多いのです。

 

真木よう子さんというと、過去に「セシルのもくろみ」で低視聴率を叩き出してしまいました。
唐沢寿明さんの力を借りてでも、視聴率が欲しいはずですよね。

 

このドラマの感想が少しでも良い方向へと動き出しますように。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2019年, 2019年7月期, ボイス110緊急指令室