Heavenヘブン財前直見が伊賀の母親役!勝代は観を長崎目的は?

   

ドラマ「Heavenヘブン」に財前直見さんが出演します。
2話の終盤で登場しましたが、3話でメインのゲストとなりそうです。

 

財前直見さんが演じるのは伊賀勝代役。
ある人物の母親役となります。

 

スポンサーリンク

 

Heavenヘブン財前直見が伊賀勝代役

ドラマ「Heavenヘブン」に財前直見さんが出演します。
伊賀勝代役での出演です。

 

また、伊賀静役として鶴見辰吾さんもゲスト出演します。

 

財前直見

財前直見さんは大分県出身の女優さんです。

 

  • 「A LIFE~愛しき人~」児島由貴子役
  • 「白衣の戦士!」中村加奈役
  • 「Heavenヘブン」伊賀勝代役

 

財前直見さんは大分県出身の女優さんということもあり、長崎からやってきた母親役を演じるのにも違和感がなさそうです。
方言は西の方が似ていますから、イントネーションなどの部分にも注目されそうですね。

 

伊賀勝代役

伊賀勝代(財前直見)は、伊賀観(福士蒼汰)の母親です。
長崎に住んでいます。

 

あるSNSを見て、伊賀観(福士蒼汰)の居場所を見つけ出した伊賀勝代(財前直見)。
なんとロワン・ディシーにやってきました。

 

その目的とは…。
長崎に伊賀観(福士蒼汰)を連れ戻そうとしているのです。

 

なぜなのでしょうか。

 

また伊賀勝代(財前直見)はロワン・ディシー来店時、1人の男性と来店するのです。
それが、伊賀静(鶴見辰吾)で伊賀観(福士蒼汰)の父親となります。

 

スポンサーリンク

 

3話あらすじ

ドラマ「Heavenヘブン」3話のあらすじをご紹介します。
2019年7月23日放送分となります。

 

「ロワン・ディシー」では、店長の堤(勝村政信)が頭を抱えていた。
予約の電話を受けたコミドランの川合(志尊淳)が致命的なミスを犯したのだった…。

その夜、店は予約で満席。フロアが大混乱する中、仮名子(石原さとみ)がアクシデントに見舞われ、伊賀(福士蒼汰)はその対応に追われる。

すると山縣(岸部一徳)が堤と川合を手招きする。
山縣が指さした先には、仮名子の席に座る女性の姿が…。
押しの強いその女性は、伊賀をみると「観!!」と親しげに呼ぶ。
その女性は観の母・勝代(財前直見)で、観を長崎に連れ戻そうと東京にやってきたのだった。

仮名子と勝代は、似た者同士でそれぞれの都合で観を自分のそばに置いておきたいと必死。
「ロワン・ディシー」の”サービスの要”伊賀をめぐる仮名子と勝代の争奪戦が幕を開ける!!

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「Heavenヘブン」に財前直見さんと鶴見辰吾さんが出演します。
それぞれ伊賀観(福士蒼汰)の母親役、父親役となります。

 

長崎に伊賀観(福士蒼汰)を連れ戻そうとしています。
その理由とはいったい何なのでしょうか。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2019年, 2019年7月期, Heavenヘブン